2017年11月08日

グルテンフリー米粉パン教室のお知らせと米粉パンの製法について

卵・乳・小麦・大豆・落花生・添加物不使用の米粉パン教室を12月2日(土)に開催します。

大型一斤食パン(12cm×12cm型)を作る予定です(^^)
このサイズだとサンドイッチやホットサンドも楽しめます。

米粉パン 015.JPG

ラスク 010.JPG
パンレーズン黒糖 007.JPG米粉パン 苺ミルク 014.JPG

米粉初心者さん向けに米粉について詳しく学んだ後、パン作りの実習です。

グルテンフリー米粉パンを焼き始めて約11年。
色んな米粉、色んな方法でパンを焼きました。

私が米粉パンを焼き始めた頃は国産の微細製粉米粉は流通していなくて中国産のリ・ファリーヌという米粉のみでした。

少しずつ国産米粉が流通するようになり、リ・ブラン(現在は販売中止)など米粉パンに向く粉も。

国産の米粉が手に入らなかった頃を考えると今はたくさんの種類の微細製粉米粉が手に入るようになりました。

私がパン教室で使う米粉はミズホチカラという熊本産の米粉です。

ミズホチカラはネット購入が主ですが来春、開業するお店でも取り扱う予定なので高知の方はミズホチカラが手に入りやすくなります(^^)/

パンの製法ですが、粉量を少なくし釜伸びをよくする目的で一部の粉をあらかじめ『のり状』に糊化させたものを作り、ミズホチカラに加える方法を使います。

粉を粘化させることによってグルテンの代わり、粘りを生み出します。

とことこオリジナルレシピです(^^)

この方法を使えば米粉以外にもサクサク粉(サゴヤシ粉)とタピオカ粉のグルテンフリーパンを作ることも可能です。

※このサクサク&タピオカ粉パンのレシピは約3年前に高知のアレルギーの会が開発したものです。


一部の粉を『粘化』させるという方法自体は菓子類を作るのに以前から一部の方が使っていた手法でした。

アレルギーの子を持つ親は「おいしいものを食べさせてあげたい」という一心で色んな方法、試作を続けながら常に進化をしているんですね(^^)/

菓子では使っていた手法でしたがミズホチカラが出てくる以前の粉との相性はよくなく、パンについては2012年か13年から採用しているのですがなかなか満足良くものができませんでした。

しかし数年前にミズホチカラという米粉の品種が出てきたことで一変。
この方法はミズホチカラとの相性がとてもよく、米粉パン初心者の方でも簡単に作ることが出来るので教室ではお勧めします。

12月3日(土)のパン教室は少人数2~3名(女性限定)で行います。
先着で締め切ります。

時間は午前10時半~13時半(多少、時間が変わる可能性があります)

託児はありませんが、お子さんが遊べるスペースはあります。
駐車場あり。

興味のある方はFacebook「徳田なおこ」or『アレルギー対応とことこ』で問い合わせしてくださいね。


※2組の予約が入ったので受付を終了します。


とことこ ではミズホチカラ以外にも数種類の米粉を扱う予定です。


posted by とことこ at 17:20| 高知 ☔| Comment(0) | マルチアレルギー対応 パン&料理教室 | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

甘いクッキー

卵・乳・小麦・大豆・落花生・添加物不使用 おやつ

久しぶりに米粉のチョコチップクッキーを焼いてみたら おいしいんだけど、あま~っ(笑)

WIN_20171020_11_11_33_Pro.jpg


夫曰く『普通の甘さ』だそう。

甘党を自負していた私ですが今ではすっかり甘党ではなくなったようです(^^;)

普通の甘さって何だろう。
すっかり「ふつう」が分からなくなっている私です。

お菓子を作るのに これではいけないと最近たまに市販のお菓子を食べてみる。
『あま~っ!!』

・・やっぱり私は甘党ではなくなったようです(笑)

以下、私の砂糖に対する考えです。

アレルギーの人は砂糖を食べない方がよい・・という方もいます。
この考え方を否定もしません。

たまに砂糖を使用するアレルギー対応のお菓子やケーキに批判的な方もいるのですが、それは消費者その人が自由に選ぶべきであり、批判されるものではないと考えます。

アレルギーがあると ただでさえ食べられるものの制限が多いですよね。
特にマルチアレルギーがあれば市販のもの、スーパーで手に入るものは一つもない。

おやつって なくても生きてはいけるけど、日々の食生活に潤いを与えてくれるもの。
甘いものを食べて『ホッ』とする瞬間がアレルギーの人にあってはいけないとは思わないのです。

それが 干し芋でもおにぎりでも美味しいし、おやつとして もちろん良いのだけれど。

我が家の娘は季節もの、例えばハロウィンとかクリスマスとかの袋に入った綿菓子を見つけるとすごくうれしそうです。

普段は砂糖の塊の綿菓子は買わないけれどこんな時は特別に買っています。

なぜ娘はかわいいパッケージの自分の体に合う『市販のお菓子』を見つけると嬉しいのか?

アレルギー対応のお菓子の菓子袋は銀色のアルミ袋だったり、パッケージが可愛くないものがちょっと多い(最近、辻さんのチョコレートが高級感あるパッケージに代わってましたよ♪)。

私は娘が いろんなデザインで賑やかな袋に入っている『市販のスナック菓子のような袋に入ったものを食べてみたい』という気持ちにが何となく共感できます。

窒素で膨らんだ袋(ポテトチップスとか)、スーパーで買ってみたいらしい(笑)

娘の本当にささやかな憧れです。

当たり前のことが出来ないからこそ、当たり前のことがやってみたい。

これはアレルギーがない人からするとよく分からない憧れなのかもしれませんね。

娘を見ていて材料・中身だけでなく、気持ちにも寄り添えるようなお菓子を作りたい。

例えば焼き芋を可愛い袋で包んであげる。

簡単な事だけど、これでもすごくいいと思います(^^)


今日は話が脱線しがち(笑)

私が作るお菓子は甘いもの(私からすると)もあれば、甘くない物、無糖ものもあります。

どれを選ぶか、それは消費者であるお客さんに選んでほしい。

砂糖もキビ砂糖、甜菜糖、てんさいグラニュー糖など商品によって違いがあるのでそれぞれの方の感覚によって選んで頂けたら・・と思います。

砂糖についてはマクロビ視点、農薬視点いろんな考えがあるのであえて統一しません。

それと同じく添加物についても同じです。

重曹も添加物の一つです。
重曹は添加物辞典によると危険度は低いので私は使用します。

無添加でケーキを焼こうとしたら卵が必要なのに、生地を膨らませる材料がないわけですから当然 代わりのものが必要になります。

それが重曹であったり、アルミフリーのベーキングパウダー(重曹も入ります)であったりします。

お菓子に使用する添加物についてはある一定の私自身の基準を持って作ります。


ぜひ、原材料を見て選んでほしいと思います(^^)

そもそもお店を開きたいと思ったのは『アレルギーのある子供たちにお菓子を選ぶ喜びを提供したい』という想いからです。

余談ですが・・

以前、フェイスブックに初めて娘とcoco壱番でアレルギー対応のカレーを食べに行ったと投稿するとある一人の方から『毒親』だと批判され大炎上。

ビックリです。

カレーを選んだのはファミレスのアレルギー対応商品(ハンバーグなどの加工品)よりも添加物が少ないからという理由でしたが、アレルギーの人は外食してはいけないのでしょうか?

確かにアレルギー対応、卵や乳製品、小麦などは入ってはいません。
ただし、オーガニックではないのは承知の上です。

アレルギー=オーガニックのものしか食べてはいけない と誰が決めたのでしょう。

それは私にはすべてに通じる思いです。

アレルギーだからこれはダメと、私は言いません。


変な話かもしれませんが私は除去食派ですが経口負荷試験で治療している人を店内で批判している方がもし居たら(その逆も含めて)、私にとってかなしいことです。

そんな場所を作るためにお店を開く訳ではないのですから。

とことこ という場所、ゆるくて温かい。互いに許容できるところ。
そういう想いを共感できる方々にぜひ利用していただきたいと思います(^^)







posted by とことこ at 15:45| 高知 ☀| Comment(0) | 焼き菓子 | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

沖縄のお菓子 ポーポー

卵・乳・小麦・落花生・添加物不使用 おやつ

私の母方の祖母は沖縄の人で私が小さい時は サーターアンダギーやチャンプルーなどの沖縄料理を作ってくれました。

アンダギーも大好きだけれど、私が一番好きだったのは「ポーポー」。

シンプルに小麦に黒砂糖(粉と少し塊のあるものとミックス)を入れて水を溶いてフライパンで焼いたもの。
いわば沖縄のクレープのようなものです(^^)

我が家では「ポーポー食べたい」と言えば「あー、食べたいね」と通じるけれど、友達には(大分県)では通じなかった。

だから私は長いこと、この「ポーポー」なるものが我が家独特のおやつなのかと思っていました。


ところが!
数年前、NHKのグレーテルのかまどで「ポーポー」が紹介されているではないですか!!

なんと沖縄ではポーポーを焼くための平べったいフライパンもあるとか・・(欲しい)。

よかった・・ポーポーが通じないのは私の周りだけなんだ。沖縄に行ったら通じるんだ~と、ちょっとうれしくもあり(^^)

そうなるとポーポーが食べたい。

でも米粉と水と黒糖で生地を作ってクレープ状のものを焼くと 分かる人には分かると思うのですが真ん中でバキっと折れちゃったりして(笑)

うーん。

ある日、水をあきらめて豆乳でやってみました。

WIN_20171022_12_40_31_Pro.jpg

おー、巻けた!
しかも外側サクサク、中は米粉の特徴でもちもち。

残念ながらてきとーに粉を混ぜたのでレシピが・・m(--)m

余談ですが私は 巻いたポーポーをわざわざ端からちぎって食べるのが好き♪
巻いたままガブっと食べる派のほうが多いのかなぁ?

子どものころはポーポーを焼く傍から兄弟と争うようにどんどん食べて焼き終わりにはお皿にはなく、私たち子どものお腹の中だったなぁ・・思い出が尽きませんね(^^;)

しかし、このポーポー。
おっそろしいぐらいに黒糖が入っているので あと最低、1年は食べないと思います(笑)

たまに食べたくなるものだけど、作るとなると結構、驚異の黒糖の量なのです。

ポーポー。さようなら、しばらくは満足です。




posted by とことこ at 14:35| 高知 ☀| Comment(0) | その他(米粉) | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

アレルギー児の調理実習~難関編~


来月、調理実習があります(^^)

6年生の調理実習ともなるとお弁当作り・・ハードル高い~。
まっ、粉が舞うお好み焼きよりはいいか・・(笑)

本当はたぶん、子供たちが自由に献立を考えて作るのではないかと思うのですが先生方が配慮してくださり、クラス全員決まった献立で作るみたいです。

それにしてもお弁当の王道、卵焼きがあるので 不安。

先生と打ち合わせをして不安を消してしまわねば。

今までの調理実習ではポテトサラダ・ごはん炊き&味噌汁づくり・野菜炒め。

これらは単品づくりで材料・調味料を我が家が班員の分まで持ち込みで参加していました。

材料代は自腹です(^^;)

今回は作るものが多いので娘一人だけ別で調理するかもしれない。
ヘルプで私が入るかも?

寂しいだろうけど・・。 安全のためにもその方が安心かもしれない。

今度作るお弁当の献立は⇒
WIN_20171018_16_27_43_Pro.jpg

卵焼き以外は調味料を変えたり、材料を減らす(カニかま除去)事で同じものが出来ます。

卵焼きはきっと 『タンパク質』として考えられたおかずなのでウィンナーに変更でもよいかな。

どちらにしても先生と要話し合いです!




posted by とことこ at 16:45| 高知 ☁| Comment(0) | 旅行・レストラン等の交渉 | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

ムソーのソイジェラート

卵・乳製品を使わないオーガニック・ソイ・ジェラートがムソーから出ています(^^)

WIN_20171005_12_10_36_Pro.jpg

高級感のあるパッケージ。

原材料⇒
WIN_20171005_12_10_48_Pro.jpg



原材料はすべて有機。
ただし、アレルギー物質とのコンタミはあります。

味はおいしいです(^^)
ただし、ジェラートというよりは食感はシャーベットに近かったのであまり アイス独特の滑らかさを期待して食べると がっかりします。



昨日は中秋の名月

上の子(小6)と下の子(小1)が力を合わせて みたらし団子を作ってくれました♪
タレはもちろん、体に合う米醤油と甜菜糖。

WIN_20171004_17_48_07_Pro.jpg

最近、上の子は餃子を作れるようになり、下の子はサラダ(コールスロー的な)を作れるようになりました。

さーて、そろそろ土日の料理は子ども当番にしようかな(笑
posted by とことこ at 12:42| 高知 ☁| Comment(0) | おススメ商品 | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

どんなアイスが食べたいか・・

去年は甘酒アイス(卵・乳・大豆など不使用)のレシピ作りに夏は没頭し、今年は豆乳アイスのレシピ作りに時間を費やしました

今年作った豆乳アイスの種類はバニラ・いちご・きなこ・コーヒー・ラムレーズン・ヨーグルト(豆乳由来)・ブルーベリー・チョコ・あずき・抹茶。

王道のバニラやチョコもおいしいけれどコーヒー味が子どもたちに意外と好評

オーガニックコーヒーでノンカフェインのものを使いました。


これからの季節で作ろうと考えているのは栗と さつま芋などの秋系食材。

秋・冬も こたつでアイス


お店の方は・・というと秋バージョンに花壇を変え中。
夏は暑すぎて溶けてしまう植物続出
耐暑性のあるものを選んでいるのに南国高知の暑さは半端ない

ハーブ類は元気に夏を過ごしてくれましたが~。

店舗入り口⇒
WIN_20171003_11_19_06_Pro.jpg


あと一本、落葉樹を手前に植える予定です。
ヤマボウシかエゴノキを検討中。

虫がつかないほうがいいなぁ。薬を使いたくないので(--)

植物は1年サイクルで育ててみないと分からないものですね(^^;)

あと今一番悩みの種は庭に きのこが大発生(笑)
いやいや、笑い事じゃないけど笑っちゃう。

何故かというと土作りの際に堆肥を投入して有機質がたくさん含まれている土(良い土)には きのこが沢山生えるんだそうです。。

例えば古い放置した畳がなくなる(分解)のは こんなきのこパワーによるもの。

きのこって水はけの悪いところとか日当たりの悪いところに生えるイメージがあったけれど南向きの日当たりのよい所で すくすく育つきのこ達を見るとこの説は間違いですね(^^;)

きのこは有機質を分解してくれる大切な役割をしてくれるのでとらずに我慢してます。

中には気持ち悪いハタケチャダイゴケ・・なんていう初めて見るヤツもいたりして・・

WIN_20171003_10_16_38_Pro.jpg

お椀のような黒いカップの中に白っぽい種のようなものが入っていて雨が降ると周りに飛び散って増えていくという算段。
くぅ・・ハタケチャダイゴケのお陰でやっと被覆したリピアが(;;)

でもこのハタケチャダイゴケ、調べてみると愛媛では絶滅危惧されているそうです。
農薬や消毒剤などで消えて行っている珍しいものだそう。

これらの きのこ達をもし、無くしたいのなら殺菌剤をまくといいという。

殺菌剤を庭に?・・絶対イヤ。

一応、ビジュアル的には悪いきのこ達(きのこには悪いけど)は有機質を分解するという重要任務を引き受けてくれていることを考えれば今は好きなだけ生えてもらうしかあるまい・・ということで庭は絶賛、きのこ祭り中。
posted by とことこ at 16:30| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

一槽シンクを追加取り付けしました

菓子製造と飲食店営業で保健所の許可を得るためには2槽シンクが必要なので既存のキッチンのシンク+蛇口を新設して業務用の一槽シンクを取り付ける工事をしました(^^)

以前、リフォーム会社に見積もりを頼んだら平均、5万円程度でしたが給排水工事専門の業者さんに頼んだら1万5千円くらいでした(^^;)


WIN_20170913_09_17_39_Pro.jpg

簡易水洗トイレ⇒水洗トイレへの工事も終わり、あとは冷蔵庫などを揃えたらいつでも保健所の許可が得られる状況です。

物件を購入したときは水洗トイレだと思ってたのですが(見た目は普通の水洗トイレだった)、実は買った後で簡易水洗だと判明

なんたること!!

水洗トイレへの工事は助成金があるけれどそれは住居対象。

簡易水洗トイレでも営業許可は出るので妥協できなくはないけれど衛生的に(臭いや虫)やっぱムリー!!

100万円強の思わぬ出費に親が助け舟を出してくれて・・なんとかトイレも新品・衛生的にも安心&きれいになりました(;;)

親には少しずつ返済します(^^;)


WIN_20170913_09_58_10_Pro.jpg

トイレの工事には高知の(有)高坂設備清掃さんにお願いしたのですが、庭の土づくりの為に苦難していた私に重機を使って手助けしてもらうなど、大変・大変お世話になりましたm(--)m
私一人では数トンの土と岩ゴロゴロを動かすことは絶対に出来ませんでした。この場を借りてお礼申し上げます。
アットホームな「チーム」という雰囲気の中、工事をしていただいて私もとても楽しい時間でした。
思わぬ出費に凹み気味の私でしたが信頼できる会社に出会えてよかったと思うと同時に、既定の仕事+αの仕事ってこういう事を言うのだと皆さんに教えてもらいました。


高坂設備さんに手伝ってもらった庭は今、こんな感じ⇒
WIN_20170913_09_18_16_Pro.jpg

暑さが少し和らいでリピアも少し元気になってきました♪
もう少しで完全被覆しそうです☆彡

posted by とことこ at 10:14| 高知 ☁| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

たまご・乳製品不使用の白玉クリームあんみつ

たまご・乳・小麦・落花生・添加物不使用 おやつ

東京へ旅行に行った際、上野で有名な あんみつ屋さんで あんみつを頂きました。

「豆かん」で有名なのに下の娘は豆アレルギー。

なんという失礼なことか(自分でも思う)、『豆かんの「豆ぬき」でお願いできませんか?!』と、ダメ元で旅行前に連絡しました。

すると「遠方からわざわざ来てくださるので特別に・・」と当日、『豆かんの「豆ぬき」』を作ってくれたのです!

ということは!?・・寒天と黒糖シロップのみの超シンプルなもの。

豆の代わりに寒天を増量してくださったので 下の娘はさすがに食べきれないだろうと考えていたら・・「おいしい!おいしい!」とペロリ!!

丁寧に作られたものはシンプルでも本当においしいのだと再認識しました(^^)

そこのお店で私はクリームあんみつを食べたかったけれどアイスが乳製品なので断念。

では、自分で作るしかないな・・と先日、思いたち、抹茶椀を購入。今日、作りました。

WIN_20170821_13_09_26_Pro.jpg

シロップは黒糖と抹茶、迷って抹茶を選択(^^♪

豆の部分はブルーベリーを煮て代用。

白玉団子以外に求肥も作りました(^^)

みかんのシロップ漬けを作っていなかったので色寂しいので白玉団子にかぼちゃを加えました。

小豆あんこが合わない下の娘には紫芋あんこを入れましたよ☆彡
posted by とことこ at 13:30| 高知 ☀| Comment(0) | 冷たいおやつ | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

チョコ最中ジャーンボ(^^♪

卵・乳・小麦・落花生・添加物不使用 おやつ

上の子がず~っと『食べたい、食べたい、食べたい♡」と憧れを持っていたアイス、森永のチョコもなかジャンボ。

私も昔よく食べました(^^)

バニラアイスとチョコのパリパリ食感が最高!

テレビでチョコもなかジャンボの製造工程が紹介されていたので参考にして作ってみました(^^)/

・・とは言っても最中種がドーナツ型しか手元になかったのでこの形(笑)

半分にカットしたところ⇒

WIN_20170820_15_02_50_Pro.jpg

最中種がアイスでしっとりしないようにチョコソースをコーティング。
アイスの真ん中にももちろんパリパリチョコソース♪

満足・満足

今年は毎日、違うフレーバーでアイス食べているような・・。


posted by とことこ at 15:16| 高知 ☁| Comment(0) | 大豆使用 | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

クラピアが大成長!

店舗入り口にクラピアを植えたのは5月下旬。

植えた直後⇒
WIN_20170526_11_38_12_Pro.jpg

2か月ちょっとでここまで成長⇒

WIN_20170808_15_02_02_Pro.jpg

・・完璧!

一時期、鉢をクラピアの上に置いてたら光合成が出来てなくて鉢底の形にクラピアが黄色に変色(^^;)
鉢をどけたら数日で緑色に戻りました。

庭のリピアは7月中旬から急になんだか、まだらに黄緑色になってしまって・・。2~3日に一度は水やりしていたけれどどうやら水不足&高温すぎた様子。

遮光ネットを庭に張って対策。

WIN_20170730_10_55_24_Pro.jpg

遮光ネットを張って10日くらいたって効果が出てきて今は元気な緑色に戻りつつあります(^^)v
暑くて成長が緩やかになっていた気がしていたけれど、少しそれももとに戻ったような!?


でもなんでだろう?

店舗入り口のクラピアも南側でお日様ガンガンあたっているのに緑色のまま元気。

うーん、試行錯誤しながら育て中です(^^;)

でもとりあえず庭が日に日に成長していく姿がおもしろい(^^♪
posted by とことこ at 20:18| 高知 ☁| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする