2016年04月30日

熊本地震:アレルギー対応ミルク+食品の配給情報(4月30日)

昨日に引き続き、ゼロワン八潮の大久保さん情報です。

以下、大久保さんフェイスブック⇒

熊本県益城町ホテルエミナース避難所にアレルギー対応粉ミルクを届させていただきました。役場へ問い合わせていただければ、アレルギー対応粉ミルクが無償で配布されると思いますので、必要とされる方はお問い合わせいただきますようお願いいたします。必要とされている方に届きますように、こちらの投稿をシェアしていただければ幸いです。よろしくお願いします。益城町役場0962863111



添付された画像には「エレメンタルフォーミュラ」が映っていました。


同じく昨日の情報になりますが、熊本リハビリテーション病院の吉村先生にアレルギー対応粉ミルクを届けたそうです。。病院へ問い合わせていただければ、アレルギー対応粉ミルクが無償で配布されると思いますので、必要とされる方はお問い合わせいただきますようお願いいたします。必要とされている方に届きますように、こちらの投稿をシェアしていただければ幸いです。よろしくお願いします。 熊本リハビリテーション病院(吉村先生) 0962323111


同じく昨日の情報です⇒熊本市菊陽町のげんき保育園様にアレルギー対応粉ミルクを届させていただきました。保育園へ問い合わせていただければ、アレルギー対応粉ミルクが無償で配布されると思いますので、必要とされる方はお問い合わせいただきますようお願いいたします。必要とされている方に届きますように、こちらの投稿をシェアしていただければ幸いです。よろしくお願いします。 げんき保育園 0962828460



在庫・ミルクの種類など、電話で問い合わせることをおすすめします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高知医療センターに置いてあるアレルギー対応商品ですが4月30日午前現在の在庫が、アルファ化米、粉ミルク、離乳食、米粉クッキー、マスクとなって カレー・離乳食は配り終えているそうです。今後追加補充される可能性はあります。
posted by とことこ at 11:25| 高知 | Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

熊本地震:アレルギー対応ミルクの情報(4月29日)

ゼロワン八潮の大久保さんが熊本に支援品を届けています。

以下、ゼロワン八潮・大久保さんのフェイスブック⇒

熊本県薬剤師会様へアレルギー対応粉ミルクを届させていただきました。熊本薬剤師会さんへ問い合わせていただければ、アレルギー対応粉ミルクが無償で配布されると思います。

・・とのことです。


posted by とことこ at 11:55| 高知 ☀| Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする

食物アレルギーの人は特に備蓄しよう!!★実践★

東日本大震災が起きた時、災害備蓄がいかに必要か痛感してそれからというもの常に「ローリングストック」を心がけて食品を買っています。

私が住む高知は南海地震が近々起こると言われていて、陸の孤島でもあることから(笑)自ら備蓄しなければ本当に大変な事になるのが容易に想像できます

ローリングストック法って最近、よく聞くと思います。
シンプルに言うと「使った分だけ、新しく買い足して『常にある』という状態にしておく」ことです。

備蓄品には2種類あって、普段使う物を多めにストック=備蓄しておくもの。(例:コーン缶・ジュース等)
もうひとつは普段は使わないのだけれど賞味期限が長いもの(例:α米・レトルト食品など)

この二つを組み合わせて長ーく、続けられる備蓄を目指そう♪♪

bousai 002.JPG

具体的には・・まず主食である米はいつも5kg×3袋があるように気を付ける。
その他に炊かなくても そのまま食べられるパックの米(クエン酸不使用品を選ぶ。クエン酸入りのご飯はおいしくない)・白かゆ等・α米・ポン菓子(できれば無糖)・お腹にたまるコーンフレークもいいですね(^^)



おかずは体に合う食材を使った缶詰・レトルト食品。

我が家の備蓄(ごく一部)ですが写真撮ってみました(^^)/

bousai 004.JPG

⇒これは離乳食のレトルトです。離乳食のレトルトは添加物が入ってなくて(一部)、アレルギー物質不使用の物もあるので備蓄しています。

bousai 005.JPG

⇒これは大潟村あきたこまち生産者協会さんの食物アレルギー特定原材料25品目不使用シリーズ
すごく美味しくて気に入ってます♪

我が家はもともと、じゃが芋・ごぼう・とうもろこし等の野菜アレルギーがあるので普段は食べすぎないように頻度を空けて食べています。

また、じゃが芋はじゃが芋でもスーパーのじゃが芋では体に合わなくて有機じゃが芋は食べても大丈夫・・という事もあったので現在も野菜は出来る限りオーガニック野菜を食べています。

が!!レトルト食品はオーガニックを期待できないですよね(^^;)

そこは私、緊急時には妥協しようと決めています。そうしないと備蓄出来るものがほぼない


それに普段はアレルゲンの「しいたけ」も。

タンパク質も回転食(同じタンパク質が頻回にならないように5~7日空けて食べる)の生活をしているけれど、レトルトや缶詰は鶏肉+かつお だったり、豚肉+鶏肉だったり・・。

災害時はストレスや環境面の悪さから症状が出やすいので出来る限り日常に食べている食品が一番いいけれど、そうは言ってもいられない状況ではないかと思います。

基本の「これはヤバいぞ!」という卵・乳・小麦等など危ない食材抜きなのは当然だけれど「その他モロモロ」の軽いアレルゲンに関しては災害時に仕方ないと私は思っています。


ちょっと話が脱線(^^;)

次に缶詰です。
bousai 003.JPG

体に合う野菜とタンパク質の缶詰。
+気分転換用に「みかんの缶詰」も入れてます(^^)

それから・・野菜ジュースも備蓄しています。
避難生活は野菜不足で便秘気味になりやすく、栄養の悪さから口内炎になる事も多いと聞くので。

他には光食品の野菜ジュースと、同じく光食品のオーガニック・スポーツジュース+5年保存水。

乾燥野菜・乾燥わかめ&ひじき もいいですね♪ 切干大根・乾燥にんじん・乾燥小松菜などを普段から作って「ふりかけ」をつくっておくとか(^^) 


その他にアレルギー対応の煎餅系のおかしも備蓄しています(^^)
干し芋もストック♪♪

ちなみにアレルギー対応の米乾パンやクッキー類はこれといって備蓄していません。
日常に試食してみると美味しいのですが、子どもには乾パンは硬く、クッキー類は水分を持っていかれるから結構、喉詰まるように私は思う(^^;)


以前書いた災害備蓄記事も参考になると思います⇒http://toko2pan.seesaa.net/article/433096474.html?seesaa_related=category
posted by とことこ at 11:04| 高知 ☀| Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする