2016年11月25日

市販のもので良いもの見つけました(^^♪

アレルギーの方、皆さん何の出汁を使っていますか?

昆布、鰹、アゴ・・いろいろありますよね。

辻安全食品さんが鰹出汁の素を出しているけれど、我が家は椎茸アレルギーの人がいるので×。

市販の出汁の素は大体、サバや椎茸もブレンドされちゃってる。

鰹節をザ~コ~・ザ~コ~して(わかります??)ちゃんと手抜きせずに出汁を取るのが一番安全だしおいしいけどちょっとでも楽したいって時もありますよ。わたしは!

昆布と鰹だけの超シンプルな出汁パックがあればいいのに、ありそうでない。

そう思いながらスーパーの棚を見ていると何とありましたよ!

ヤマキ「鰹節屋のだしパック」

WIN_20161124_09_38_23_Pro.jpg

原材料:かつおぶし・そうだかつおぶし・こんぶ

以上!超シンプル!!ウェルカム!!

しかも素晴らしいのはパックが無漂白ペーパーなんです。

心憎い。

でもコンタミは??ってことで電話して確認してみました。

電話回答なので私の記憶をまとめると・・

アレルギー物質と同一ライン製造です。
ただし、入念に洗浄してコンタミがないように努めているとのことです。

とっても丁寧に説明してくれました。
担当者さんと話していてこれは信頼できそうだと思ったので即購入。

高知ではサニーマートに置いていました。
サンシャイン・イオンには今のところ見当たらない。

一応、相談室の電話載せておきますので各自、購入するときは確認してみてください。
℡0120-552226


それと余談ですが・・鰹節って枯節(ちょっと高い)と少しずつ個包装されたパック(荒節)のものがありますよね?

鰹がOkになったころ(数年前)、じゃあ鰹出汁が取れるじゃないか!ということでザーコ、ザーコのアレ(名前忘れた笑)でちゃんとした出汁を取って飲ませたら悪化(--)

あれ?鰹はいいのに??

そして今度、少しずつ個包装された鰹節をお好み焼きに乗せて食べてみたら・・大丈夫。

どーいうこと!?

偶然だったのかも?と思い、何度か負荷試験しても同じ結果でした。

たぶんですが、枯節はカビをつけて手間暇かけて作る製法。そのカビが問題じゃないかと。

個包装の安い方の鰹節はカビをつけてないんです。

うーん、アレルギー、奥が深い。

同じような方、いませんかねぇ?
posted by とことこ at 08:00| 高知 ☁| Comment(0) | おススメ商品 | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

Wチョコチップクッキー(米アレルギー対応)

米・卵・乳・小麦・大豆・落花生・添加物不使用 おやつ

サクサク粉(サゴ椰子澱粉)というのはアレルギーの人にとっては結構、マイナーな食材なのですがアレルギーじゃない人にとっては馴染みのないものですよね(^^;)

「なにそれ?サクサク粉っていうからには入れるだけでサクサクするのか??」と思われがち。

答えはNG。

使うだけでサクサクはしません(笑)
普通に癖のない粉です。

日本人の主食、米が合わなかったときに稗や粟、キビなどの雑穀以外にサクサク粉やタピオカ粉、ホワイトソルガムなどを駆使して「主食」とするのです。

米粉以外に最も普段使いしやすいのはタピオカ粉で、この粉は片栗粉と同じように水に溶いて調理すると トロミがつくのでジャガ芋アレルギーの人にとっては代替になります。


ホワイトソルガムは全く!といっていいほど癖がなくて扱いは小麦に近いイメージです。
米粉のもちもち感を出したくないときはソルガム粉をブレンドしたりして使うこともあり。

稗・粟などの雑穀を蒸しパンにして使いたい時は単品遣いをするとパサパサしてしまうので少しタピオカ粉をブレンドしたほうがバランスが良いです。

娘が生まれるまでは粉といえば小麦粉しか思いつかなかったけれど、今は食べたいものによって粉を使い分けて考えようによっては昔よりもずっと食生活が豊かになっているように思います(^^)

米粉が2種類×20kg、タピオカ粉、サクサク粉、ソルガム粉、雑穀粉、キャロブパウダー ほか、野菜パウダー数種類・・我が家にはどれぐらい粉があるんだろ、もはや粉業者(笑)

その中でも私は米粉のクッキーを作ることが多いけれど実はこのサクサク粉とタピオカ粉を使ったクッキーが一番好き。

米粉のクッキーを口どけが良いカテゴリに入れるなら、サクサク(粉)クッキーはザクザクっ!・サクサクとした食べごたえのあるもの・・という感じ。


サクサククッキー自体の香りも好き。

焼く前の粉自体にはなんの香りもしないけれどクッキーの香りは懐かしくてどこかで食べたことがある記憶を思い出させてくれます(*^^*)

こんなに好きなクッキーなのにどうしてか10年来納得いくものが焼けず(笑)

主治医のO先生が作るサクサククッキーは抜群のおいしさと食感なのに私が焼くとガチガチだったり、ギシギシだったり、中がちょっとレア?、口どけ良すぎたり。。

不思議なことにこのサクサククッキー、同じ材料、同じ作り方をしても人によって全く違うものになるんですよ(^^)

所属していたアレルギーの会でお母さん方が持ち寄ったサクサククッキーはそれぞれ違う味と食感のクッキーでO先生のクッキーとはまた違う。

O先生に何度習った事か。
O先生、大雑把に作っているように見えて実は違う。

先生と一緒に作ると「やった!これで焼けるようになる!!」と思うのに自宅に帰っていざ焼くと何かが違う。
あぁ、まぼろし

でもこの10年、悩みに悩んで試行錯誤してやっとこさ最近焼けるようになりました(笑)

なんと不器用。

出来るようになると今度は「なぜ出来なかったのか?」が分からない(笑)

自転車を当たり前に乗れる人に昔、自転車乗れなかったときの理由を聞くのと同じ感じ。

結局、オーブンのせいということにしてます。

※たぶん、熱湯の加え方だとは思うんですが。。


100回焼いて100回納得行けたら完璧だということ。

あと90回くらいがんばります(笑)

10回はノーマル・サクサククッキーがおいしく焼けたので今度はサクサク・チョコクッキーを焼くことに

1枚420円する辻安全食品の板チョコを練りこんでチョコチップクッキーも入れました(^^♪

以前だったらこんな成功するか分からないクッキーに高価なチョコを入れる勇気は私にはありません(笑)

出来栄えは・・

WIN_20161124_07_31_59_Pro (2).jpg

いい感じ!!

小さいアイスディッシャーで生地を成形して軽く指でつぶしました。

焼いている間にどんどん大きく膨らんで隣にくっつきそうな勢い🎶


材料:サクサク粉・タピオカ粉・てんさい糖・かぼちゃパウダー・有機カカオパウダー・板チョコ・チョコチップ・なたね油・クエン酸・重曹

※クエン酸・重曹はベーキングパウダーの代わりに使っています

これなら米アレルギーでも大丈夫(^^)v




posted by とことこ at 09:16| 高知 ☁| Comment(0) | 米アレルギー対応 | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

日々の給食コピー

卵・乳・小麦・大豆・落花生・添加物不使用 アレルギー給食

上の子(小5)と下の子(年長児)は毎日、私が作ったお弁当(給食)を持って学校&保育園に通っています。

上の子が4歳半で保育園に入園してからですから、かれこれ何年目の給食コピー(ゆるゆる)。
そして後、何年作るんでしょう(^^;)

過去を振り返っても、先を考えても楽しくはない(笑)ので、心を無にして日々の給食献立を見ながらこなしているという表現がぴったり(笑)

当たり前ながら保育園の給食&おやつ、小学校の給食は献立がバラバラです。

土佐市の小学校と中学校は同じ給食センターが作っているのでメニューも同じで楽なんですけどね。

今日の保育園ご飯は「五目うどん・きゅうりの酢の物・パイナップル」

五目うどん⇒米麺(フォー)に変更してコピー
きゅうりの酢の物⇒きゅうりとワカメの酢の物
パイナップル⇒バナナ

おやつはビスケットだったのでサクサク粉とタピオカ粉のビスケットを前日に焼いておく

WIN_20161122_12_20_02_Pro (2).jpg

膨らみすぎて形わるくなっちゃった(@@)
でもサクサクしておいしー(^^)

強制的に「ビスケット」と押すところが私の愛情ポイントです(笑)
下の子は読めないからわかっちゃいないけど~(笑)


・・っていうような感じでコピー食。
日によっては全く!!!コピーしていない日も多々ありつつ。

上の子・小学生の給食は「ミニ米粉パン(グルテン入り)・きのこのナポリタン・イタリアンサラダ・りんご」

ミニ米粉パン⇒グルテンフリーの米粉パン食パンに変更
きのこのナポリタン⇒麺を有機トウモロコシと有機米のパスタに変更してコピー
イタリアンサラダ⇒無視して きゅうりの塩もみとトマト入れる(イメージはイタリアン笑)
りんご⇒バナナ

WIN_20161122_11_44_52_Pro.jpg

・・といった具合にコピーしてるような、してないような(笑)

どちらかというと初めて団体生活2年目の下の子を主にコピーして上の子は緩い(笑)

でも毎週火曜日、学校はパン食なのでこれはほぼ必ず(私がうっかり忘れない限り)パンを前日に焼いておきます。
パンを前日に焼き忘れたら最悪はおにぎりorミニパンケーキに変更。

朝は30分程度で給食の準備を終わらせたいので前日の夕飯に翌日の給食に使えそうなおかずを作ったり、今日みたいにナポリタンがある日は野菜を夕食を作るときにカットして冷蔵庫に入れておき、翌朝 調理します。

毎週月曜は当日の夕飯作りながら、翌日の給食作り・準備しながら、パン作りながら、おやつ作ったりしてるので地獄です


でも下の子が卒園するのもあと少し。
大きくなっていくのがうれしいような、寂しいような。いや、うれしい。

なんといっても給食が一本化するわけだから!!

posted by とことこ at 12:29| 高知 ☁| Comment(0) | アレルギー対応・飲み物 | 更新情報をチェックする