2017年01月31日

部屋の片づけ&消臭に苦戦

今月、とうとう念願の平屋物件を購入しいざ具体的に動き始めたこの頃・・。

まずは少し残っていた部屋の荷物を捨て(それでも軽トラ1台分あった)、6畳和室の畳を捨て、部屋の中はすっからかん(^^)

WIN_20170125_12_44_55_Pro.jpg

ここに根太を張って板を張ります。この部屋はフローリングに。

築17年経っていますが前居住者はあまり住んではいなかったようで荷物置きの家(リッチですねぇ)として使用していたようです。

洋服などの荷物を置いたまま換気せずに数年経っていたのでどうしても部屋の匂いが気になる。。

毎日換気して重曹を部屋に置いて、重曹水をスプレー使って消臭。

一週間続けてだいぶん、匂いが減ったような・・。

リフォームの見積もりの為に業者さんに来てもらうたびに臭いチェックをしてもらう(笑)

私はまだ匂うんだけど、業者さんはほぼほぼ、分からない様子。

普段から洗濯洗剤とか使わないから臭いに敏感になっているのだろうか?

砂壁は拭く事も難しいので炭や灰から作ったお掃除スプレー(消臭もできる)でシュッシュ。

台所はスチームクリーナーを使ってピカピカに

WIN_20170124_11_56_00_Pro.jpg
何年か前にスチームクリーナーを買った私、ナイス!

洗剤を使わずにピカピカにできるなんて今更ながら素晴らしいっ!

昨日は床をスチームクリーナーで磨いて、今日は壁を拭き上げました(^^♪


元和室の部屋は壁が緑色の砂壁で、本当は水色に色を変えたいのだけれど砂壁は下地シーラーを塗ってからペンキ塗りになるので化学物質を無駄に増やしてしまう。。

安全性の高いと言われる○○ペンキは植物性由来という事もあって材料を見ると柑橘系や大豆油だったり・・。
ダメダメ、大豆アレルギーの人が壁を触れなくなってしまう。

化学物質を含まない国産漆喰の原材料は高級牡蠣。 牡蠣のアレルギーにはNG。
自然素材というだけあって、とうもろこし由来だったり・・食べ物にアレルギーがあるとひっかかる。

むーん。

化学物質とアレルギー的なバランスを取るのが難しい。

そもそも和室から洋室にするのに根太や合板(F☆☆☆☆だけど)を使い時点でCSさんには辛いに違いない。

フローリングにしても完全に安全な無垢材は難しい。
フローリングを張るときに接着剤を使わず釘打ちするつもりだけど・・(DIY初心者なのに無謀な挑戦)。

完璧にCS対応は予算的にも難しく、自然素材はアレルギー的にNG。
それだったらF☆☆☆☆の水性ペンキで揮発するのを待つ??

基本、アレルギーに重心を置きつつ自分基準で我が子が遊びに来ると考えたときに化学物質があまり気にならない程度のところで選択しようかと。


アレルギーにしてもCSにしても「これなら絶対大丈夫!」という建築素材はないのだということを感じつつ。

悩む。

もう開き直って色を塗らず何もしないという選択肢もちらほら(笑)

砂壁は緑色で妥協したとしても押し入れ部分(表面べニア)だけでも色を塗りたいと考えてはいるんだけれど。

ちなみに壁紙は接着剤を使うので却下。

可愛くないけどべニアでもいい? ・・っていうかたぶん、あまりアレルギーの子を持つ親でもここまで気にする人多くはないと思うけど(^^;)

卵や乳などのアレルギー物質さえ含んでなければ着色料や保存料等などの添加物を気にしない人は多い。




posted by とことこ at 13:21| 高知 ☀| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

マルチアレルギー児の修学旅行①

今春、上の子は6年生。

5月には修学旅行があります(^^)

先月からすでに(^^;)旅行会社の担当者、教頭先生、保健室の先生と娘のアレルゲンや症状について説明した後に話し合いスタート。

朝、高知を出発してお昼、一発目からお好み焼きを目の前で焼くという超難易度の高い(笑)お食事処(--)

うん、持参します。お好み焼き。

座る場所はのちのち応相談。


なんだか感じたこと。

旅行会社さん、アレルギー児の旅行にはとっても慣れているご様子。


だから・・なのか分からないけれど絶対にあちらから「対応しません」とは言わない(笑)

例えばバイキング。

旅行会社さん曰く「バイキングではお皿の前にアレルギー表示がありますのでご自由にお取りください」

卵・乳・小麦・大豆・他野菜や魚、添加物のアレルゲンがある娘です。


「ご自由にって・・取れるの、あるわけないじゃん!??」(私の心の声)

そして実際の私の発言

「アレルゲン表示してあっても白飯だけになると思うのですが?」

担当者さん回答

「例えばお浸しなんて食べられるのではないでしょうか?」

私返事

「お浸しは味付けしてありますよね?お醤油はきっと小麦や大豆だと思うんですけど・・」

担当者さん回答

「そうです。」

私の心の中

「だーかーらー、取れるのないって言ってるよ?」

担当者さん

「・・・。」


沈黙が続き私の発言
「では持ち込みレトルトの湯銭などは可能ですか?」

担当者さん
「もちろんです!!」

私に聞こえた担当者さん心の声

「よっ!持ち込みしますのその一言、待ってました!!」


・・というような具合で決して向こうから提案はしない。

いいんですよ、全食作ってもらえるとは思っていないのですから「持ち込みできますよ」と言ってもらっても。

だけど向こうから決して提案しないところに私はさびしさを感じましたよ・・(^^;)

後日、まだ確定ではないけれど献立表が一部手元に届きました。

ほーらね、バイキングなんて白飯だけやん。

わかりきったことを・・。

そして細かい調味料の成分表を見ていて愕然とする。

添加物、ハンパなーい。

WIN_20170112_13_50_52_Pro.jpg

アミノ酸を筆頭にステビアだのPH調整剤だの。

極めつけはポテトフライに使われる油。

WIN_20170112_13_50_33_Pro.jpg

材料:食用大豆油・シリコーン

シ・シ・シリコーン!?

シリコーンってあの? 

うーん、ホテルの料理でこれなのだから外食するのって物凄い量の添加物を摂取するなぁ。。

調べてみたら外食産業では揚げ物油にシリコーン入りというのは結構、フツーのことのようです(^^;)

シリコン製ゴムベラを思わず見る私・・。


食用シリコンだからと言って体に負担がないとは思えない。

この調味料一覧表を見て、やっぱり食べなくていいやと改めて思うハハなのでした。

今現在は献立表の中からこれは大丈夫な食材・・というのをチェックして持ち込みのアレルギー用調味料で味付けしてもらえるように交渉中。

ちなみにポテトフライの油に大豆油&シリコーン。
原材料のポテト自体がたぶん冷凍食品で「じゃがいも・植物油脂・ブドウ糖・ピロリン酸Na」を使っているという・・。 何を食べてるのか分からなくなる感じがするのは私だけ?

シリコンフライ?添加物フライ??

ポテトフライなんて じゃが芋・塩・油があればできるのにね。

なんで人間というのはわざわざ複雑な食べ物?(これは食べ物?)を作るんだろ。

ポテトフライは代わりに無添加のポテトチップス持参にします。
posted by とことこ at 14:17| 高知 ☁| Comment(0) | 旅行・レストラン等の交渉 | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

役に立つときが来るとは・・

私は高校・大学と建築を専攻していました。

大学2年の終わり、私の行きたい道はここではないと悩みに悩んで大学を退学。



高校・大学で学んだ製図や力学は今まで一度も普通に生活をしていて役に立つことはなく もったいない状態(^^;)

大学を辞める時に家族も悲しんだし、「自分の人生に責任をもって、やりたいこと」を幼い時からもっと深く考えればよかったと後悔しました(@@)

大学を退学する時に「後悔する人生はやめだ!」と更に強く想う様になって「その時だからこそできる事、私だからこそできる何かを見つけてやってみたい」と、思うように。
いろいろ悩みのあった10代だったこそ出した答えを探しながら過ごしてきました。

そして現在34歳。

私だからこそ誰かの役に立てることを見つけられて実行しようとしたとき、役に立たなかったなぁと思っていた建築が今、役に立ちつつあります(笑)

34の若輩者が分かった風に言うと「人生、何事もムダじゃないんだなぁ~」(笑)

平面図・立面図・配置図など写真から起こしてある程度想像して考えることができます。

WIN_20170106_14_59_33_Pro.jpg

ただし、建築施工の実務経験がないのでそこはこれから学びます(笑)

今まで宝の持ち腐れ?状態だった色んな資格。

その中でガス溶接・溶断免許、危険物取扱者(これは施工には関係ないけれど、これから役立つ)の資格はこれから役立つかもしれないし!?(笑)

建築以外で今回、役に立ちそうなのはジュニア野菜ソムリエだろうか。

でも野菜のスペシャリストです!というほど自信はないのでここだけの話ということで。
ジュニア野菜ソムリエは分かりやすく言うと計算技術検定3級くらいかな。⇒わかりにくい?

野菜ソムリエの試験以来、遠ざかっているしダメですね(^^;)名乗れません。
シニア野菜ソムリエくらいになったら(今はそのつもりないけれど)、公にします(笑)
posted by とことこ at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする