2016年04月28日

食アレ娘、宿泊研修に参加するの巻(交渉開始編)

なんとビックリ、マルチアレルギーの娘にも対応してくれるという奇特な少年自然の家の栄養士さんに出会えて(笑)、私はコピー食を作らずに済みそうです(^^)v

ぜーんぜん、作ってもらえると期待していかなった分、喜び倍増!

早速、先方の担当者さんと連絡のやりとりを始めました。

まずは電話で挨拶して、今後は主にメール連絡+調節で電話で話すことを決めました。

先日の記事でも書きましたが、やりとりが互いに残るメールかfaxの方が細かい所も詰めて、抜かりなくやり取りできるのでおススメです(^^)

アレルゲン一覧表は既に担任の先生が渡していたので『食べられる物一覧表』を作成して送りました。

pdfファイルに一覧表を載せておきます(参考がてら・・)

合宿参考資料.pdf

※少年自然の家に米醤油やアレルギー対応のマヨドレなど、一部のアレルギー対応調味料・麺(ひえ・きび麺)があるとのことで、それ以外の調味料持ち込み提案しています。

じゃが芋・ごぼう可等とありますが普段、自宅では有機のものを食べています。

もともと、アレルゲンであったことにプラスして農薬に反応していた頃があったので自宅で食べる場合は出来る限り有機か無農薬・低農薬のものを選んでいます。

ちょっと化学物質過敏症の気があるので日常では気を付けています。

今は体が大きくなったからか農薬面での反応はなくなりました。

ただし、外食する(年に1回あるか?ないか?)場合は農薬について私は片目を閉じます(笑)

こういう時の為に普段から娘は我慢しているのだと私は思うんです。

少年自然の家に対応してもらえるという第一歩を踏み出せたので、今度からは献立表のやりとりが始まると思います♪

食事面で交渉を始めたと同時に、ダニ&ハウスダストアレルギーの娘は布団についても検討しなければいけません(^^;)

持ち込みにするか、シーツと毛布だけ持ち込みにするか・・まだ悩んでます(--)
posted by とことこ at 15:43| 高知 ☔| Comment(0) | 旅行・レストラン等の交渉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください