2017年01月07日

役に立つときが来るとは・・

私は高校・大学と建築を専攻していました。

大学2年の終わり、私の行きたい道はここではないと悩みに悩んで大学を退学。



高校・大学で学んだ製図や力学は今まで一度も普通に生活をしていて役に立つことはなく もったいない状態(^^;)

大学を辞める時に家族も悲しんだし、「自分の人生に責任をもって、やりたいこと」を幼い時からもっと深く考えればよかったと後悔しました(@@)

大学を退学する時に「後悔する人生はやめだ!」と更に強く想う様になって「その時だからこそできる事、私だからこそできる何かを見つけてやってみたい」と、思うように。
いろいろ悩みのあった10代だったこそ出した答えを探しながら過ごしてきました。

そして現在34歳。

私だからこそ誰かの役に立てることを見つけられて実行しようとしたとき、役に立たなかったなぁと思っていた建築が今、役に立ちつつあります(笑)

34の若輩者が分かった風に言うと「人生、何事もムダじゃないんだなぁ~」(笑)

平面図・立面図・配置図など写真から起こしてある程度想像して考えることができます。

WIN_20170106_14_59_33_Pro.jpg

ただし、建築施工の実務経験がないのでそこはこれから学びます(笑)

今まで宝の持ち腐れ?状態だった色んな資格。

その中でガス溶接・溶断免許、危険物取扱者(これは施工には関係ないけれど、これから役立つ)の資格はこれから役立つかもしれないし!?(笑)

建築以外で今回、役に立ちそうなのはジュニア野菜ソムリエだろうか。

でも野菜のスペシャリストです!というほど自信はないのでここだけの話ということで。
ジュニア野菜ソムリエは分かりやすく言うと計算技術検定3級くらいかな。⇒わかりにくい?

野菜ソムリエの試験以来、遠ざかっているしダメですね(^^;)名乗れません。
シニア野菜ソムリエくらいになったら(今はそのつもりないけれど)、公にします(笑)
posted by とことこ at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください