2017年01月12日

マルチアレルギー児の修学旅行①

今春、上の子は6年生。

5月には修学旅行があります(^^)

先月からすでに(^^;)旅行会社の担当者、教頭先生、保健室の先生と娘のアレルゲンや症状について説明した後に話し合いスタート。

朝、高知を出発してお昼、一発目からお好み焼きを目の前で焼くという超難易度の高い(笑)お食事処(--)

うん、持参します。お好み焼き。

座る場所はのちのち応相談。


なんだか感じたこと。

旅行会社さん、アレルギー児の旅行にはとっても慣れているご様子。


だから・・なのか分からないけれど絶対にあちらから「対応しません」とは言わない(笑)

例えばバイキング。

旅行会社さん曰く「バイキングではお皿の前にアレルギー表示がありますのでご自由にお取りください」

卵・乳・小麦・大豆・他野菜や魚、添加物のアレルゲンがある娘です。


「ご自由にって・・取れるの、あるわけないじゃん!??」(私の心の声)

そして実際の私の発言

「アレルゲン表示してあっても白飯だけになると思うのですが?」

担当者さん回答

「例えばお浸しなんて食べられるのではないでしょうか?」

私返事

「お浸しは味付けしてありますよね?お醤油はきっと小麦や大豆だと思うんですけど・・」

担当者さん回答

「そうです。」

私の心の中

「だーかーらー、取れるのないって言ってるよ?」

担当者さん

「・・・。」


沈黙が続き私の発言
「では持ち込みレトルトの湯銭などは可能ですか?」

担当者さん
「もちろんです!!」

私に聞こえた担当者さん心の声

「よっ!持ち込みしますのその一言、待ってました!!」


・・というような具合で決して向こうから提案はしない。

いいんですよ、全食作ってもらえるとは思っていないのですから「持ち込みできますよ」と言ってもらっても。

だけど向こうから決して提案しないところに私はさびしさを感じましたよ・・(^^;)

後日、まだ確定ではないけれど献立表が一部手元に届きました。

ほーらね、バイキングなんて白飯だけやん。

わかりきったことを・・。

そして細かい調味料の成分表を見ていて愕然とする。

添加物、ハンパなーい。

WIN_20170112_13_50_52_Pro.jpg

アミノ酸を筆頭にステビアだのPH調整剤だの。

極めつけはポテトフライに使われる油。

WIN_20170112_13_50_33_Pro.jpg

材料:食用大豆油・シリコーン

シ・シ・シリコーン!?

シリコーンってあの? 

うーん、ホテルの料理でこれなのだから外食するのって物凄い量の添加物を摂取するなぁ。。

調べてみたら外食産業では揚げ物油にシリコーン入りというのは結構、フツーのことのようです(^^;)

シリコン製ゴムベラを思わず見る私・・。


食用シリコンだからと言って体に負担がないとは思えない。

この調味料一覧表を見て、やっぱり食べなくていいやと改めて思うハハなのでした。

今現在は献立表の中からこれは大丈夫な食材・・というのをチェックして持ち込みのアレルギー用調味料で味付けしてもらえるように交渉中。

ちなみにポテトフライの油に大豆油&シリコーン。
原材料のポテト自体がたぶん冷凍食品で「じゃがいも・植物油脂・ブドウ糖・ピロリン酸Na」を使っているという・・。 何を食べてるのか分からなくなる感じがするのは私だけ?

シリコンフライ?添加物フライ??

ポテトフライなんて じゃが芋・塩・油があればできるのにね。

なんで人間というのはわざわざ複雑な食べ物?(これは食べ物?)を作るんだろ。

ポテトフライは代わりに無添加のポテトチップス持参にします。
posted by とことこ at 14:17| 高知 ☁| Comment(0) | 旅行・レストラン等の交渉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください