2017年01月31日

部屋の片づけ&消臭に苦戦

今月、とうとう念願の平屋物件を購入しいざ具体的に動き始めたこの頃・・。

まずは少し残っていた部屋の荷物を捨て(それでも軽トラ1台分あった)、6畳和室の畳を捨て、部屋の中はすっからかん(^^)

WIN_20170125_12_44_55_Pro.jpg

ここに根太を張って板を張ります。この部屋はフローリングに。

築17年経っていますが前居住者はあまり住んではいなかったようで荷物置きの家(リッチですねぇ)として使用していたようです。

洋服などの荷物を置いたまま換気せずに数年経っていたのでどうしても部屋の匂いが気になる。。

毎日換気して重曹を部屋に置いて、重曹水をスプレー使って消臭。

一週間続けてだいぶん、匂いが減ったような・・。

リフォームの見積もりの為に業者さんに来てもらうたびに臭いチェックをしてもらう(笑)

私はまだ匂うんだけど、業者さんはほぼほぼ、分からない様子。

普段から洗濯洗剤とか使わないから臭いに敏感になっているのだろうか?

砂壁は拭く事も難しいので炭や灰から作ったお掃除スプレー(消臭もできる)でシュッシュ。

台所はスチームクリーナーを使ってピカピカに

WIN_20170124_11_56_00_Pro.jpg
何年か前にスチームクリーナーを買った私、ナイス!

洗剤を使わずにピカピカにできるなんて今更ながら素晴らしいっ!

昨日は床をスチームクリーナーで磨いて、今日は壁を拭き上げました(^^♪


元和室の部屋は壁が緑色の砂壁で、本当は水色に色を変えたいのだけれど砂壁は下地シーラーを塗ってからペンキ塗りになるので化学物質を無駄に増やしてしまう。。

安全性の高いと言われる○○ペンキは植物性由来という事もあって材料を見ると柑橘系や大豆油だったり・・。
ダメダメ、大豆アレルギーの人が壁を触れなくなってしまう。

化学物質を含まない国産漆喰の原材料は高級牡蠣。 牡蠣のアレルギーにはNG。
自然素材というだけあって、とうもろこし由来だったり・・食べ物にアレルギーがあるとひっかかる。

むーん。

化学物質とアレルギー的なバランスを取るのが難しい。

そもそも和室から洋室にするのに根太や合板(F☆☆☆☆だけど)を使い時点でCSさんには辛いに違いない。

フローリングにしても完全に安全な無垢材は難しい。
フローリングを張るときに接着剤を使わず釘打ちするつもりだけど・・(DIY初心者なのに無謀な挑戦)。

完璧にCS対応は予算的にも難しく、自然素材はアレルギー的にNG。
それだったらF☆☆☆☆の水性ペンキで揮発するのを待つ??

基本、アレルギーに重心を置きつつ自分基準で我が子が遊びに来ると考えたときに化学物質があまり気にならない程度のところで選択しようかと。


アレルギーにしてもCSにしても「これなら絶対大丈夫!」という建築素材はないのだということを感じつつ。

悩む。

もう開き直って色を塗らず何もしないという選択肢もちらほら(笑)

砂壁は緑色で妥協したとしても押し入れ部分(表面べニア)だけでも色を塗りたいと考えてはいるんだけれど。

ちなみに壁紙は接着剤を使うので却下。

可愛くないけどべニアでもいい? ・・っていうかたぶん、あまりアレルギーの子を持つ親でもここまで気にする人多くはないと思うけど(^^;)

卵や乳などのアレルギー物質さえ含んでなければ着色料や保存料等などの添加物を気にしない人は多い。




posted by とことこ at 13:21| 高知 ☀| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください