2017年10月03日

どんなアイスが食べたいか・・

去年は甘酒アイス(卵・乳・大豆など不使用)のレシピ作りに夏は没頭し、今年は豆乳アイスのレシピ作りに時間を費やしました

今年作った豆乳アイスの種類はバニラ・いちご・きなこ・コーヒー・ラムレーズン・ヨーグルト(豆乳由来)・ブルーベリー・チョコ・あずき・抹茶。

王道のバニラやチョコもおいしいけれどコーヒー味が子どもたちに意外と好評

オーガニックコーヒーでノンカフェインのものを使いました。


これからの季節で作ろうと考えているのは栗と さつま芋などの秋系食材。

秋・冬も こたつでアイス


お店の方は・・というと秋バージョンに花壇を変え中。
夏は暑すぎて溶けてしまう植物続出
耐暑性のあるものを選んでいるのに南国高知の暑さは半端ない

ハーブ類は元気に夏を過ごしてくれましたが~。

店舗入り口⇒
WIN_20171003_11_19_06_Pro.jpg


あと一本、落葉樹を手前に植える予定です。
ヤマボウシかエゴノキを検討中。

虫がつかないほうがいいなぁ。薬を使いたくないので(--)

植物は1年サイクルで育ててみないと分からないものですね(^^;)

あと今一番悩みの種は庭に きのこが大発生(笑)
いやいや、笑い事じゃないけど笑っちゃう。

何故かというと土作りの際に堆肥を投入して有機質がたくさん含まれている土(良い土)には きのこが沢山生えるんだそうです。。

例えば古い放置した畳がなくなる(分解)のは こんなきのこパワーによるもの。

きのこって水はけの悪いところとか日当たりの悪いところに生えるイメージがあったけれど南向きの日当たりのよい所で すくすく育つきのこ達を見るとこの説は間違いですね(^^;)

きのこは有機質を分解してくれる大切な役割をしてくれるのでとらずに我慢してます。

中には気持ち悪いハタケチャダイゴケ・・なんていう初めて見るヤツもいたりして・・

WIN_20171003_10_16_38_Pro.jpg

お椀のような黒いカップの中に白っぽい種のようなものが入っていて雨が降ると周りに飛び散って増えていくという算段。
くぅ・・ハタケチャダイゴケのお陰でやっと被覆したリピアが(;;)

でもこのハタケチャダイゴケ、調べてみると愛媛では絶滅危惧されているそうです。
農薬や消毒剤などで消えて行っている珍しいものだそう。

これらの きのこ達をもし、無くしたいのなら殺菌剤をまくといいという。

殺菌剤を庭に?・・絶対イヤ。

一応、ビジュアル的には悪いきのこ達(きのこには悪いけど)は有機質を分解するという重要任務を引き受けてくれていることを考えれば今は好きなだけ生えてもらうしかあるまい・・ということで庭は絶賛、きのこ祭り中。
posted by とことこ at 16:30| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

アレルギーに乳酸菌がいいとは言うけれど・・豆乳ヨーグルトを作ってみた

アレルギー・アトピー・花粉症に乳酸菌がいいからヨーグルトを食べようとは言うけれど、乳製品に食物アレルギーがあったらムリ!(^^;)

上の子が小さいころ、腸内環境を整えたくて植物性乳酸菌について調べたことがありました。

今よりもずっとアレルギーが多かったので体に合うものを見つけるのは大変だったけれど、京都の「すぐき菜漬」を見つけました(^^)

すぐき菜と塩だけで漬けたシンプルなもので京都へ行くときは無添加の「すぐき菜」を必ず買います。
無添加のすぐき菜は常に発酵し続けるので袋を放置すると冷蔵庫の中でもパンパンに膨らんで酸っぱくなっていきます(笑)
つまり、ちゃんとした食べ物ってことです。

発酵を止めたり、添加物の入った「すぐき菜」はあまり意味がないので買うのはやめましょう。

ネット検索すると すぐき菜を育てるところからスタート→漬物づくり→すぐき菜漬の汁から豆乳ヨーグルトを手作りしている方もいました(^^)

あ~、こんなマニアックな友達ほしい(笑)






最近、豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)が流行ってます。

豆乳と玄米少量からヨーグルトを作るのですが我が家は「玄米NG」。

上の子が大豆Okになったのでちょっと豆乳ヨーグルトに興味が出てきました。

玄米じゃなくてもミントや梅干しの種などでも豆乳ヨーグルトはできるそうなのですが、もっとお手軽に気楽に豆乳ヨーグルトを増産したい(笑)

そこで!の話。

マルサンアイが豆乳グルトという商品をだしています。

豆乳グルとの乳酸菌(TUA4408L菌)由来は木曽地方に伝わる「すんき漬」です。
100%植物性由来というのはこういう理由。

その豆乳グルトを種菌にして有機豆乳を使ってヨーグルトを作ってみました。

作ってみた・・というよりも40℃・7時間保温するだけで勝手にヨーグルトができていた。超簡単。
豆乳2:豆乳グルト1の割合です。

WIN_20161002_09_51_20_Pro.jpg

甘酒を作るよりもお手軽だった(^^)

自分で作った豆乳ヨーグルトを継ぎ足してこれからどれくらい作れるのか楽しみ(^^♪

※豆乳グルグルヨーグルトの本を読むと大体、半年~1年くらい使う人もいるが菌が繁殖しすぎても味が落ちるので約2か月くらいを目安に種菌を作り変えるのがおすすめなんだそうです。


豆乳(大豆)が合わない方に乳酸菌飲料が市販でないか?というと、実はあるんです。

甘酒を主原料に魚のアジのなれ寿司を由来として作ったもの→
https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2013/07/articles/1307-02-5/1307-02-5_article.html

一回試しに飲んでみましたがおいしかったです(^^)
ただし、こちらは魚アレルギーがある我が家にはNG。

寺田本家が出しているお米由来の飲み物で「米グルト」という商品もありますがこちらは味に癖があり、子どもたちは飲めませんでした(^^;)

他にもラッキョウ漬を由来とした乳酸菌飲料もありました。


市販の種菌(100%植物性由来)としては青山食品のブルマンヨーグルト種菌がありますが、こちらは「おから」を由来としています(^^)
posted by とことこ at 11:31| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

うれしい(^^♪久しぶりに投稿できます!

7月終わりころにwindows7からwindows10になるタイミングでパソコンの調子が悪くなり投稿できなくなっていました(^^;)

※私はガラケーユーザーなので普段、パソコン投稿しています

修理に高額かかるので今回、タブレット型パソコンのmicrosoftのsurfaceを購入して心機一転、ブログをゆっくりと再スタートさせていきたいと思います(^^)

またよろしくおねがいしますm(--)m
posted by とことこ at 18:17| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする