2015年09月29日

CoCo壱番屋のアレルギー対応カレーを食べに行く


CoCo壱番屋の特定材料を含まないカレーを昨日、上の子と食べに行った時のレポート(笑)

CoCo壱番屋を選んだのはカレーだと添加物が少ない!

ファミレスも確かにアレルギー対応の低アレルゲンお子様ランチ等はあるのだけれど、ハンバーグやウィンナーを食べた時にヤバイ系添加物が入っている可能性が高くて・・アレルギー物質を使っていないというだけで食べた後に無事でいられる気がしない(^^;)

カレーの原材料はネットで見ればあるかな?!と思っていたけれど、肝心の材料がのってるページが見つからない(--;)

アレルギー27品目のうち使用は「りんご」のみなので、たぶん野菜メインのじゃが芋・コーン系だろうな・・と予想してましたがその通りでした(笑) 添加物は不使用。

油は確かパーム使用。

お肉類が入っていないので動物回転食をしている人でも「今日は豚肉の日じゃないからダメだなぁ」なんて思わずに気軽に行けるのはかなり良い!

あと一番よかったのは温められたレトルトパックのまま提供されると言うところ。

ご飯を盛ったお皿にレトルトパックが乗った小皿で提供。
自分で開封してご飯にかけるスタイル。

きっとそんなにアレルギーの強くない人にとってはこの提供方法は逆にサービスではないのだろうと思う。

だって自分でかけるなら家でレトルトパックをかけるのと同じで外食した感をあまり感じないだろうから(^^;)

でもアレルギーのコンタミが心配なレベルの人にとっては非常に有難いシステムで沢山の人が介さない分、コンタミの可能性も減るので安心感があります。

ただ、蜂蜜が入っていたのがちょっと残念。

甘いカレーだから小さい子向けだけれど、赤ちゃんNG(赤ちゃんにカレー食べさせないか!笑)

あと上の子、蜂蜜アレルギー(笑)
やっぱひっかかった!(笑)

でも前回、負荷試験をしたのは8年ほど前だし、ショック起こすほどではないから今はもう大丈夫なのでは!?と言う事で食べました(^^)

野菜オンリーなのでマクロビアンにも・・と言いたいところですが、蜂蜜まで[除去していない]マクロビアンにはおススメ(^^)
v

外食する時はズボン必至。
スカートで皆が食べた後のイスに座ると卵等などの成分がイスに付着しているので、肌に直接触れると蕁麻疹が太もも~ひざ裏までスゴイ事になるので(笑)

あと、座る前にイスと机を拭きなおします。

そして!
普通にカレーを食べるのでは物足りないので「とんかつ」を持ち込みしました(笑)

注文時に店員さんに「とんかつを持ってきているのですが、カレーの上に乗せて食べていいですか!??」と聞いたら店員さん、初めての事のようで「・・???・・ハイ!いいですよ^^」って笑顔で言ってくれたので遠慮なく(^^)v

カツカレーに変身です♪

ちょっとサラダも食べてみたいな~と思ったけど、生野菜は漂白しているだろうし 初めてにしては冒険し過ぎるのも危険かな?ということでやめときました。

上の子、食べた後も無事(笑)

ただ、なぜだか私が食後2~3時間、ちょっと胃もたれ(--)

野菜だけなのにな~、胃も強いし、胃もたれする様な材料じゃないのにな~(笑)
https://www.ichibanya.co.jp/menu/list.html?cid=8

ちなみに高知県の土佐道路にあるお店に行きました(^^)
posted by とことこ at 09:53| 高知 ☁| Comment(0) | アレルギー対応の外食 | 更新情報をチェックする