2017年03月03日

着色料不使用ひなあられ(^^♪

卵・乳・小麦・大豆・落花生・添加物不使用 おやつ

今日はひな祭り。
保育園では「ひな祭り集会」があり、昼ご飯は ちらし寿司とすまし汁。
小学校の給食も ちらし寿司とすまし汁。

やった~

保育園と小学校の給食が別メニューなのもあと少し。

今月末には下の子が保育園を卒園し、姉妹そろって同じ給食メニューになるので楽々~

・・とは言っても私は完コピ給食を作っている訳ではなく「60~70%くらいの気持ち」で日々作る。

子どもが大好きな給食(例:カレー、ハンバーグなどなど)に関しては合わせて作り、その他のテンションそこまで上がらない系おかず(例:お浸しなどなど)は合わせなかったりも。

魚食の時は魚(体に合う魚が限られているから「魚」というだけでコピーしていることにする)にしたり、、分かりやすい物も合わせたりもします(^^)

そもそも給食持ち込みだし、アレルギーがあるのだから無理せず出来ないことは出来ない。
他人と違っていいじゃないの?と子どもに言っている私自身が躍起になって給食コピーしていたら それは矛盾してしまう行為なのではないかとも思う。

しかし「みんなと同じ事をする。みんなと同じものを食べる」という喜びを「他人と違っていい」という一言で終わらせてしまうのもなんか寂しい。

なので目標コピー度60~70%が私には適度。

100%コピーするお母さんもたまにいるけれど、凄いなぁと尊敬します。
創意工夫の塊です

・・かと言って全くコピーしないのは愛がないか?というとそうじゃない。

それこそ「あなたは、あなた」をブレずに実践しているのだから凄いなぁと思う。

大切なのは「アレルギーがあっても、なくても あなたは大切なあなた」という気持ちが子どもに伝わればどんなものでもいいし、完コピするから誰がすごいとか、出来ないから愛が足りないとかじゃないと思う。

給食コピーなんて親の自己満足でもあるってとこも頭の隅におきつつ。。

これが長~く続けるコツでしょうか!?(笑)

あとは良く書きますが「心を無にして何年続けたか数えない。これから何年作るか数えない!」というのもポイント(笑)

子どもたちが巣立った後で私は数えてみようと思います。

日々修行。

今日は「ひな祭り集会」、来週は「お別れ会(バイキング)」、再来週は「誕生日会」と保育園行事が目白押し

もち米アレルギーだった時は「稗コロコロ」をコーティングしたりして 雛あられを作ってましたが今回は「お餅」を使って初の雛あられ(^^♪

白いままだと寂しいので野菜パウダーを使って色をつけてみました(^^)/

WIN_20170302_15_38_25_Pro (2).jpg

お餅は乾燥させてオーブンで約140℃で30分弱。
オーブンによって時間が変わるので焦げないように気を付けて!

砂糖とパウダーと水を煮立たせて丸く膨らんだお餅を投入。

なかなか見た目にもかわいい 雛あられが出来上がりました

これを袋に入れて・・

WIN_20170302_15_42_45_Pro (2).jpg

完全に私の自己満足の世界です(笑

こんな感じで下の子は保育園に持っていきました(^^)

余談ですが・・このひな祭り時期限定の綿菓子ってなんで「桃風味」なんだろ。
香料、着色料いらないよ~
posted by とことこ at 09:21| 高知 ☀| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

植物性バターを作る

卵・乳・小麦・落花生・添加物不使用 米粉パンのお供

実は私、大のバター好き

でも子供たちにアレルギーがあると分かり、授乳していたため子どもたちのアレルゲンに合わせて長いこと除去していたので、その流れでかれこれ10年くらいバター使わず。

今ではその生活がすっかり定着たようで、たまに付き合いで外食すると体のエネルギーバランスが崩れる感じがします(^^;)

こうやってアレルギー対応の卵・乳・小麦等などを除去したものを作っているとたまに勘違いされるのですが私は別に卵や乳(牛乳)や小麦アンチではありません。

身体に合うのであれば偏り過ぎず適度な量を食べるのは私は精神的にもいいと思うんです。
卵、おいしいし 小麦パンの香りも大好き。

例えばグルテンフリー生活が流行っているけれど、楽しめてやれるのならまたそれを否定もしない。
ただ、身の回りから一気にグルテンを抜くというのは結構ハードルが高いもの。

グルテンフリーを背伸びしてストレス溜めながらやるよりも身体に気を付けるのならまずは原材料を見る習慣をつける方がハードルが低い。

「小麦」の文字ばかりに目をやらないで原材料の根っこ(たとえば質の良い調味料を選ぶとか~)を見る力を養う事の方が先のように思います。

流行に惑わされず、自分の中で『食べ物を選ぶ基準』を持って消費者はもっと選択した方がいいんではないかと。。

というのも先日、スーパーに行った際 、そろそろ災害備蓄用の缶詰(ローリングストックのため)を買おうと缶詰コーナーへ行くとなんでだかサバの水煮缶が売り切れ。

張り紙があって読んでみると「健康番組でサバの水煮缶が紹介され、現在入荷未定となっております」と書いてある(^^;)

サバの水煮缶が健康に悪いとはもちろん思わないけど、テレビで紹介されただけで飛びつくミーハーな日本人が多すぎることに霹靂します。

テレビ番組で「米も肉も何の制限なし、○○食べるだけダイエット!」の番組が定期的に放送されるのと同じ仕組み。

そもそも○○だけ食べてリバウンドなしで健康的に痩せられるのか?

好きなもの、好きなだけ食べて○○だけ・・って。

白飯は毎食、食事の栄養は一日トータルで考えてほどほど量を食べたら病気でない限り普通の人は普通、痩せる。

炭水化物・糖質ダイエットで白飯抜いたりする人もいるけれど、白飯も大切な栄養源なんです。

テレビで紹介されたから、流行だからと言って無暗に飛びつく前に少し冷静になってその方法が自分の身体には合うのか冷静に考えてほしい。


・・すっかり脱線してしまいましたが!

バターです。今日の話題は!(笑)

豆乳ヨーグルトを作っていたので豆乳ヨーグルトと有機ココナッツオイルを使って作ってみました。

WIN_20170228_12_15_57_Pro.jpg

このバターが溶ける感じ、懐かしいですね(笑)

豆乳ヨーグルトとココナッツオイルだけではバターの色が白いので少しだけ かぼちゃパウダーを加えてみました(^^♪

材料:有機豆乳・有機ココナッツオイル・天日塩・てんさいシロップ・かぼちゃパウダー

雪〇のバターほど濃くはないけど、小〇井バター系の感じ。

使う塩によっても味が変わりそうだ。実験してみようかな~

posted by とことこ at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 大豆使用 | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

今年もひな人形を出しそびれ・・

米・卵・乳・小麦・大豆・落花生・添加物不使用 おやつ

いやぁ、今年もやっちゃいました(^^;)

ひな人形を出しそびれる(笑)

そう、片付けそびれる・・のではなく、そもそも「出し」そびれる

言い訳させてもらえるのならダニアレルギーとしては年一で出すものに相当な警戒心を持っているわけです。

掃除機で人形の髪を吸う?⇒ひな人形の髪型がヤマンバになりそうだし・・。

人形につくダニの事を考えると倉庫の奥底に眠り続けて早数年。

初孫に・・と私の親が買ってくれた雛人形、来年こそはたぶん、出します!

ということで?

雛人形代わりの「ひな人形クッキー」で娘たちには許してもらいましょう


WIN_20170228_08_57_47_Pro.jpg

こういう季節行事ごとのクッキー型って当たり前だけど限定された時期にしか使わないから買うの悩む。

けれど、子どもって喜ぶんですよね

アレルギー対応の(アレルギー物質不使用)サンタの絵が描いた綿菓子が売ってる!というだけで喜んだり。

アレルギーのない人には分かりにくい心情かもしれません。

「普通の事をフツーに、さりげなく叶えてあげたい」

そういう普通の事が叶えられ難い子どもの気持ちに寄り添ってあげたいという気持ちがあります(^^)

だからね、だからクッキーの型が増えていくんです‥という事にしてください(笑

posted by とことこ at 09:15| 高知 ☀| Comment(0) | 米アレルギー対応 | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

地道にポッキーを作る・・

米・卵・乳・小麦・大豆・落花生・添加物不使用おやつ

もう過ぎちゃいましたがバレンタインデー。

今の時代「友チョコ」を渡すのためのイベントに様変わり(笑)

上の子なんてバレンタインパーティーと称して一日、友だちと(みんな女の子)遊んでましたよ(^^;)

娘が恋する男の子にあげるプレゼントを作るわけでもなく、友チョコという面倒くさい行事が増えて駆り出されるワタシ。

娘には早くお菓子&料理作りを覚えてもらって楽したいものです

友チョコには「生チョコ」をプレゼント。

カカオバターを使ってチョコレートも作ったので残ったチョコでポッキーを作りました。

まず地道にポッキーの生地を一本ずつ作る。

ポッキー、娘たちから前から作って作ってと言われ続けていたので念願の・・なのかな。
ポッキーついでにアーモンドポッキーも作りました(^^♪

WIN_20170226_12_18_06_Pro.jpg

チョコをコーティングするのにちょうどいいコップ(長細い)がなくて反省。

チョコをコーティングする作業がまた地道。

一本一本、チョコにくぐらせて垂れなくなるまで待機。

この、ポッキーのチョココーティング方法って企業秘密なんだそうです。
知りたい。。
posted by とことこ at 16:33| 高知 ☀| Comment(0) | グルテンフリー米粉パン | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

庭に畑を作ろうと・・

昔からの憧れ、それは庭に『実の成る木』を植える事(笑)

くり・みかん・金柑・ブルーベリー・レモン・・

とは言っても場所が限られるので中でも大好きなレモンと金柑を植えることに(^^♪

敷地南側は駐車場(3台程度停まれます)にしますがまだ駐車場を整備していないので、敷地の北西側(ここも日中、太陽がよくあたります)に畑を作る。

庭は砂利が敷き詰められていて、手入れされていなかったせいでカヤやススキが生え放題。

ただ、砂利というのが幸いしてカヤの根も取りやすくて(それでも難敵だったけど~)、全部片付け。

カヤよりも大変だったのがツルが地面に生えていてそれを取るのが大変だった(^^;)

部屋の換気をしている間は草刈りと整地してました。。

あまり畑は大きくありません(1.7m×3.5mくらい)。

それでも砂利をどけて土を少し掘っていると出てくるわ、出てくるわ、大小岩の塊(笑)
WIN_20170203_14_20_42_Pro.jpg

今日は三分の一で終わり。

ヘルニア持ちなので無理は禁物。

畑の土を探しているとすぐ近くに「高橋建材興行」というお店がありました。
高知市春野町弘岡の若草養護学校の横にあって、とてもアットホームな雰囲気。

土はここで買おう(^^♪

今日は偵察だったので次回は夫の軽トラで。軽トラ一杯分で約800円程度。

30cm程度の厚さの土を入れる予定(^^)

バジルやトマトを植えたいなー。
posted by とことこ at 17:21| 高知 ☀| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

部屋の片づけ&消臭に苦戦

今月、とうとう念願の平屋物件を購入しいざ具体的に動き始めたこの頃・・。

まずは少し残っていた部屋の荷物を捨て(それでも軽トラ1台分あった)、6畳和室の畳を捨て、部屋の中はすっからかん(^^)

WIN_20170125_12_44_55_Pro.jpg

ここに根太を張って板を張ります。この部屋はフローリングに。

築17年経っていますが前居住者はあまり住んではいなかったようで荷物置きの家(リッチですねぇ)として使用していたようです。

洋服などの荷物を置いたまま換気せずに数年経っていたのでどうしても部屋の匂いが気になる。。

毎日換気して重曹を部屋に置いて、重曹水をスプレー使って消臭。

一週間続けてだいぶん、匂いが減ったような・・。

リフォームの見積もりの為に業者さんに来てもらうたびに臭いチェックをしてもらう(笑)

私はまだ匂うんだけど、業者さんはほぼほぼ、分からない様子。

普段から洗濯洗剤とか使わないから臭いに敏感になっているのだろうか?

砂壁は拭く事も難しいので炭や灰から作ったお掃除スプレー(消臭もできる)でシュッシュ。

台所はスチームクリーナーを使ってピカピカに

WIN_20170124_11_56_00_Pro.jpg
何年か前にスチームクリーナーを買った私、ナイス!

洗剤を使わずにピカピカにできるなんて今更ながら素晴らしいっ!

昨日は床をスチームクリーナーで磨いて、今日は壁を拭き上げました(^^♪


元和室の部屋は壁が緑色の砂壁で、本当は水色に色を変えたいのだけれど砂壁は下地シーラーを塗ってからペンキ塗りになるので化学物質を無駄に増やしてしまう。。

安全性の高いと言われる○○ペンキは植物性由来という事もあって材料を見ると柑橘系や大豆油だったり・・。
ダメダメ、大豆アレルギーの人が壁を触れなくなってしまう。

化学物質を含まない国産漆喰の原材料は高級牡蠣。 牡蠣のアレルギーにはNG。
自然素材というだけあって、とうもろこし由来だったり・・食べ物にアレルギーがあるとひっかかる。

むーん。

化学物質とアレルギー的なバランスを取るのが難しい。

そもそも和室から洋室にするのに根太や合板(F☆☆☆☆だけど)を使い時点でCSさんには辛いに違いない。

フローリングにしても完全に安全な無垢材は難しい。
フローリングを張るときに接着剤を使わず釘打ちするつもりだけど・・(DIY初心者なのに無謀な挑戦)。

完璧にCS対応は予算的にも難しく、自然素材はアレルギー的にNG。
それだったらF☆☆☆☆の水性ペンキで揮発するのを待つ??

基本、アレルギーに重心を置きつつ自分基準で我が子が遊びに来ると考えたときに化学物質があまり気にならない程度のところで選択しようかと。


アレルギーにしてもCSにしても「これなら絶対大丈夫!」という建築素材はないのだということを感じつつ。

悩む。

もう開き直って色を塗らず何もしないという選択肢もちらほら(笑)

砂壁は緑色で妥協したとしても押し入れ部分(表面べニア)だけでも色を塗りたいと考えてはいるんだけれど。

ちなみに壁紙は接着剤を使うので却下。

可愛くないけどべニアでもいい? ・・っていうかたぶん、あまりアレルギーの子を持つ親でもここまで気にする人多くはないと思うけど(^^;)

卵や乳などのアレルギー物質さえ含んでなければ着色料や保存料等などの添加物を気にしない人は多い。




posted by とことこ at 13:21| 高知 ☀| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

マルチアレルギー児の修学旅行①

今春、上の子は6年生。

5月には修学旅行があります(^^)

先月からすでに(^^;)旅行会社の担当者、教頭先生、保健室の先生と娘のアレルゲンや症状について説明した後に話し合いスタート。

朝、高知を出発してお昼、一発目からお好み焼きを目の前で焼くという超難易度の高い(笑)お食事処(--)

うん、持参します。お好み焼き。

座る場所はのちのち応相談。


なんだか感じたこと。

旅行会社さん、アレルギー児の旅行にはとっても慣れているご様子。


だから・・なのか分からないけれど絶対にあちらから「対応しません」とは言わない(笑)

例えばバイキング。

旅行会社さん曰く「バイキングではお皿の前にアレルギー表示がありますのでご自由にお取りください」

卵・乳・小麦・大豆・他野菜や魚、添加物のアレルゲンがある娘です。


「ご自由にって・・取れるの、あるわけないじゃん!??」(私の心の声)

そして実際の私の発言

「アレルゲン表示してあっても白飯だけになると思うのですが?」

担当者さん回答

「例えばお浸しなんて食べられるのではないでしょうか?」

私返事

「お浸しは味付けしてありますよね?お醤油はきっと小麦や大豆だと思うんですけど・・」

担当者さん回答

「そうです。」

私の心の中

「だーかーらー、取れるのないって言ってるよ?」

担当者さん

「・・・。」


沈黙が続き私の発言
「では持ち込みレトルトの湯銭などは可能ですか?」

担当者さん
「もちろんです!!」

私に聞こえた担当者さん心の声

「よっ!持ち込みしますのその一言、待ってました!!」


・・というような具合で決して向こうから提案はしない。

いいんですよ、全食作ってもらえるとは思っていないのですから「持ち込みできますよ」と言ってもらっても。

だけど向こうから決して提案しないところに私はさびしさを感じましたよ・・(^^;)

後日、まだ確定ではないけれど献立表が一部手元に届きました。

ほーらね、バイキングなんて白飯だけやん。

わかりきったことを・・。

そして細かい調味料の成分表を見ていて愕然とする。

添加物、ハンパなーい。

WIN_20170112_13_50_52_Pro.jpg

アミノ酸を筆頭にステビアだのPH調整剤だの。

極めつけはポテトフライに使われる油。

WIN_20170112_13_50_33_Pro.jpg

材料:食用大豆油・シリコーン

シ・シ・シリコーン!?

シリコーンってあの? 

うーん、ホテルの料理でこれなのだから外食するのって物凄い量の添加物を摂取するなぁ。。

調べてみたら外食産業では揚げ物油にシリコーン入りというのは結構、フツーのことのようです(^^;)

シリコン製ゴムベラを思わず見る私・・。


食用シリコンだからと言って体に負担がないとは思えない。

この調味料一覧表を見て、やっぱり食べなくていいやと改めて思うハハなのでした。

今現在は献立表の中からこれは大丈夫な食材・・というのをチェックして持ち込みのアレルギー用調味料で味付けしてもらえるように交渉中。

ちなみにポテトフライの油に大豆油&シリコーン。
原材料のポテト自体がたぶん冷凍食品で「じゃがいも・植物油脂・ブドウ糖・ピロリン酸Na」を使っているという・・。 何を食べてるのか分からなくなる感じがするのは私だけ?

シリコンフライ?添加物フライ??

ポテトフライなんて じゃが芋・塩・油があればできるのにね。

なんで人間というのはわざわざ複雑な食べ物?(これは食べ物?)を作るんだろ。

ポテトフライは代わりに無添加のポテトチップス持参にします。
posted by とことこ at 14:17| 高知 ☁| Comment(0) | 旅行・レストラン等の交渉 | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

役に立つときが来るとは・・

私は高校・大学と建築を専攻していました。

大学2年の終わり、私の行きたい道はここではないと悩みに悩んで大学を退学。



高校・大学で学んだ製図や力学は今まで一度も普通に生活をしていて役に立つことはなく もったいない状態(^^;)

大学を辞める時に家族も悲しんだし、「自分の人生に責任をもって、やりたいこと」を幼い時からもっと深く考えればよかったと後悔しました(@@)

大学を退学する時に「後悔する人生はやめだ!」と更に強く想う様になって「その時だからこそできる事、私だからこそできる何かを見つけてやってみたい」と、思うように。
いろいろ悩みのあった10代だったこそ出した答えを探しながら過ごしてきました。

そして現在34歳。

私だからこそ誰かの役に立てることを見つけられて実行しようとしたとき、役に立たなかったなぁと思っていた建築が今、役に立ちつつあります(笑)

34の若輩者が分かった風に言うと「人生、何事もムダじゃないんだなぁ~」(笑)

平面図・立面図・配置図など写真から起こしてある程度想像して考えることができます。

WIN_20170106_14_59_33_Pro.jpg

ただし、建築施工の実務経験がないのでそこはこれから学びます(笑)

今まで宝の持ち腐れ?状態だった色んな資格。

その中でガス溶接・溶断免許、危険物取扱者(これは施工には関係ないけれど、これから役立つ)の資格はこれから役立つかもしれないし!?(笑)

建築以外で今回、役に立ちそうなのはジュニア野菜ソムリエだろうか。

でも野菜のスペシャリストです!というほど自信はないのでここだけの話ということで。
ジュニア野菜ソムリエは分かりやすく言うと計算技術検定3級くらいかな。⇒わかりにくい?

野菜ソムリエの試験以来、遠ざかっているしダメですね(^^;)名乗れません。
シニア野菜ソムリエくらいになったら(今はそのつもりないけれど)、公にします(笑)
posted by とことこ at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

お店にする為に平屋の改装します!①

高知県高知市でアレルギー対応の店を作るにあたって平屋の家を購入することは前回、投稿しました。

私には2人のマルチアレルギー(食物やダニ・埃などなど)を持つ娘がおり、小さい時は安心して遊びに行ける場所がありませんでした。

また、アレルギーがあると「たくさんある食べ物からどれが食べたい!」ではなく「これしか食べられないない」という消去法のお菓子の購入方法しかありません。

子どもたちに食べたいものを選べる幸せを。

アレルギーのない方はもちろんですが アレルギーを持つ大人や、子どもたち、妊婦さん、色んな人に温かい場所を提供したい。

これが私の起業理由です。

起業するには菓子工房が必要です。

ただしキッチンがあれば良いというのではなく 「保健所の許可を得た」自宅以外の専用のキッチンで作る必要があります。



私はクッキーなどのお菓子の製造・販売したいので『菓子製造業」と、お店に来てくれた方たちがのんびり座ってくつろげる場所にしたいので『飲食店営業』の2つの許可が必要となります。

お菓子作るのが上手だからと言って保健所の許可なく「販売」するのは違法となります。

市町村によって許可の基準は違いますが高知市の基準は私が知っているものよりもゆるくて(笑)、改装は少なく済みそうです。

①製造・客席は壁などにより住居と区画すること
②床・内壁は床面から1mまで耐水性材料を使う事
③2層式シンク(蛇口はそれぞれ1つずつ)が必要
④廃棄物容器は蓋つきのものであること
⑤水道水以外の水(井戸)の場合は水質検査
⑥営業用専用の施設であること
⑦流水式で消毒・殺菌効果のある石鹸を設けること(プッシュ式でOk)
⑧殺菌設備(熱湯などが出るように)を整える
⑨家庭用冷蔵庫を使用するなら冷蔵庫に温度計を備える
⑩トイレ専用の手洗い設備を設ける
⑪室温管理ができる設備

などなど。

高知市はゆるいと思う点は手洗い設備が厨房内にもう一か所必要ではないこと(お客さん用と従業員用が別でないといけない市町村もある)などがあります。

全く平屋に手を付けていない今の時点ではキッチンの床がフローリングであること、営業専用のキッチンであること、トイレ専用の手洗い設備(浴室にある手洗いでOk)、殺菌設備(熱湯が出る)、蓋つきのごみ箱があること、キッチンにクーラーがある(室温管理)こと。

一番、変更しなくてはいけないのが家庭用1層シンクを2層シンクに変更し、キッチンを客席や売り場から壁などによって区画することでしょうか。

⇒キッチン画像(まだ全居住者の荷物があります)
WIN_20161217_11_35_30_Pro.jpg



それから6畳の和室を洋間に変更。

6畳和室画像 日当たりはすごくいいです⇒WIN_20161217_11_43_41_Pro.jpg
これは保健所とは関係ないけど、ダニや埃アレルギーに対応するためにも(化学物質過敏症の子を持つ友人に聞いた話では畳は何年たっても化学物質がキツイと聞いたので)、やはり洋間にします。

根太や合板を使うので化学物質は避けられませんが出来る限り とことこを利用する方たちの体に負担を減らせるようにしたいと思います。

WIN_20161217_11_38_21_Pro.jpg

最初は洋室に改装するにあたり、和室の砂壁(緑色)と天井を下地塗ってペンキ塗装(淡い水色)しようと考えていました。もしくは下地材+壁紙。

その方が『和室感』が減るし、いいかな・・と。

でもいろいろ考えて余計なことをしないことにしました。

つまり、床の張り替えと電灯交換はするけど塗装はしない。

押し入れ部分は「秘密基地」みたいな場所にしたいと考え中。

私には食物アレルギーと化学物質過敏症(CS)の子どもを持つ友人がいます。

化学物質過敏症だと他人の香水やたばこの残り香・近所で散布される農薬等々で具合が悪くなるため、常に注意が必要です。

食物アレルギーはある程度、自分自身の注意力で危険を避けることができる事に対してCS患者は自分だけの注意だけでは防ぎきれないのです。

そんなCSの子を持つ友人が私が起業するのをとても喜んでくれました。

「生まれて今まで○○が入れるお店、食べ物屋さんじゃなくてもひとつもない。だけど徳田さんのお店なら何の心配もせずに入れる・・。絵本でしか見たことのないお菓子屋さんに、○○が初めて入って眼を輝かせているところを想像するだけで感動して泣けてきた」と。

ペンキを塗ったら雰囲気がいい。だけど化学物質も気になるし・・という私の頭の中のシーソーは一瞬だけ、正直 水性ペンキ塗って揮発するのを待つ方へ傾きかけていました。

だけど私は勝手に目が覚めた(笑)

かわいい よりも 安全 を選ぶ。

作るお菓子には出来る限り有機食材を使うけれど無農薬・減農薬のものもアレルギー物質のコンタミの制限で使わざるを得ないこともあります。

また、出来上がった袋は製菓用個包装袋に詰めるのでそれがNGの方もいます。

実際に卵や小麦・乳・大豆・米アレルギー対応するのは容易いけれど、CS対応の店は本当に難しい。

でも多少CSのことを理解している人間が飲食店をしているというだけで少しは何か違うのではないかとも思っています。

そんなことをいいつつ、平屋の改装を最低限に留めたとしても新しい棚を作ったり、一部水性ペンキを塗らざるを得ない場所もあります。

私の友人の子どもが いつお店に来れるかは分からないけれど、数年後でもいつか「平凡の幸せ」を提供できるといいな・・と思います(^^)


自分はCSじゃないし関係ない話~と思っている方も多いのでは?

化学物質は化学物質過敏症の人だけが気を付ければいいのか?というとNOです!!

等しくみんな、化学物質は体に負担です。

つまり化学物質過敏症の人に少しでも優しいということはアレルギーのある人はもちろん、アレルギーのない大人&子ども、妊婦さんにもとっても優しい・・ということなんです。

今年は早めにDIYに取り組んで、使う木材や塗料が出来る限り早く揮発できるようにします。

改装が完了してもしばらくは毎日、換気をして揮発を促すので開店はまだその先です。

はい、かなりのん気な事 言ってます(笑)

儲けを早くだすことより、そんなことを言っている私なので「賃貸」ではやっていけないと判断し「購入」しました。

夫は全く反対しませんでした。

家族のお金を使って私のやりたいことを実現させるチャンスをくれたことに感謝しています。(この場を借りて笑)

感謝!

改装は1月中旬過ぎから始めます。
まずは部屋の荷物を処分することから(笑)

千里の道も一歩から!
posted by とことこ at 14:43| 高知 ☀| Comment(4) | お店を作るまでの記録 | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

豆乳ラテアートに初挑戦&お店についてご報告

卵・乳・小麦・落花生・添加物不使用 飲み物&お店についてご報告


メリークリスマス!

最近、ラテアートに興味を持って何んとなーく挑戦してみました

WIN_20161224_16_30_33_Pro.jpg

・・初挑戦な割にうまく出来た?

いやいや、本当はハートを書こうとして(笑)ろくにラテアートの作り方も調べずにぶっつけ本番で挑戦したもので♡が崩れ、それを隠そうとした結果、クマになりました~(^^;)

もうすぐ2016年も終わりです。

ここ6~7年、ずっと「とことこ実店舗」を持つべく不動産屋さんに通い、ネットで調べてきました。

私が女ということで不動産屋さんからは足元を見られ(しかも希望物件は改装が少なくて済む程度の良好な平屋・南向き・フローリング・場所はうるさ過ぎず、静かすぎずの所等など)、全然相手にしてもらえませんでした。

それでもずーっと物件を探していて突然、今月に入ってネットで売りに出たばかりの平屋物件を発見

ちょっと斜めっているように見えますが(笑)、私のカメラが斜めなだけで建物は斜めってません(^^;)

建築家である実家の父に内覧してもらい「建物良好」のお墨付きをもらえたので
今日、仮契約を交わし慌ただしい年末を避けて新年明けてから本契約という運びとなりました。

WIN_20161217_11_27_39_Pro.jpg

本当は自宅のある土佐市で希望していたのですが、高知市春野町です。
約52坪の敷地にこぢんまりとした平屋の物件。

場所はあまりまだ詳しく載せませんが園芸高校の近く、あじさい街道のすぐ裏手です。

一部屋、和室の部屋があるのでダニアレルギーに対応するためにフローリングに改装予定。

改装といっても予算を抑えるために家族総出でセルフリフォームです(笑)

和室の部屋は子どもルームを作って ゆっくりできる空間にしたいと思います。

保健所の許可を得るためにキッチンの改装も必要です。
一層シンクを二層シンクにしたり、いろいろと大変です。

庭の一部、塀を動かして駐車場も作ります。

給排水、ガス工事以外はほぼセルフの予定なので開店はいつになるのやら(笑)

ぜひぜひ大工仕事の得意な方、使えそうな廃材などありましたら大募集!

開業予定は未定です。
来年になるか、再来年になるのか・・。

でも店を持ったらつけようとずっと心に決めていた「とことこ」という名前の通り、ゆっくりと焦らずマイペースに進んで行けたら・・と思っています。

来年もよろしくお願いいたします(^^♪
posted by とことこ at 16:54| 高知 ☁| Comment(0) | 大豆使用 | 更新情報をチェックする