2016年04月28日

食アレ娘、宿泊研修に参加するの巻(交渉開始編)

なんとビックリ、マルチアレルギーの娘にも対応してくれるという奇特な少年自然の家の栄養士さんに出会えて(笑)、私はコピー食を作らずに済みそうです(^^)v

ぜーんぜん、作ってもらえると期待していかなった分、喜び倍増!

早速、先方の担当者さんと連絡のやりとりを始めました。

まずは電話で挨拶して、今後は主にメール連絡+調節で電話で話すことを決めました。

先日の記事でも書きましたが、やりとりが互いに残るメールかfaxの方が細かい所も詰めて、抜かりなくやり取りできるのでおススメです(^^)

アレルゲン一覧表は既に担任の先生が渡していたので『食べられる物一覧表』を作成して送りました。

pdfファイルに一覧表を載せておきます(参考がてら・・)

合宿参考資料.pdf

※少年自然の家に米醤油やアレルギー対応のマヨドレなど、一部のアレルギー対応調味料・麺(ひえ・きび麺)があるとのことで、それ以外の調味料持ち込み提案しています。

じゃが芋・ごぼう可等とありますが普段、自宅では有機のものを食べています。

もともと、アレルゲンであったことにプラスして農薬に反応していた頃があったので自宅で食べる場合は出来る限り有機か無農薬・低農薬のものを選んでいます。

ちょっと化学物質過敏症の気があるので日常では気を付けています。

今は体が大きくなったからか農薬面での反応はなくなりました。

ただし、外食する(年に1回あるか?ないか?)場合は農薬について私は片目を閉じます(笑)

こういう時の為に普段から娘は我慢しているのだと私は思うんです。

少年自然の家に対応してもらえるという第一歩を踏み出せたので、今度からは献立表のやりとりが始まると思います♪

食事面で交渉を始めたと同時に、ダニ&ハウスダストアレルギーの娘は布団についても検討しなければいけません(^^;)

持ち込みにするか、シーツと毛布だけ持ち込みにするか・・まだ悩んでます(--)
posted by とことこ at 15:43| 高知 ☔| Comment(0) | 旅行・レストラン等の交渉 | 更新情報をチェックする

保育園おやつ(チョコケーキ)

アトピッ子地球の子ネットワークkの赤城さんのフェイスブックで保育園に少量ではあるが多種類の食品を置いてきたと書いてありました。

栄養士さんが複数の患者さんの所在を確認しているので、その方のところに荷物を託しました。早稲田の事務所では個人の居場所約30カ所に向けて荷物の梱包をして、半数は宅急便で、残り半数は引き続き熊本の中継点からボランティアさんに運んでもらいます。ここから出発する荷物は、S&Bのカップスープ、カレーの王子様、ケンミンのライスパスタ、ビーフンなどの調理可能な場所向けの食品のほか、太田油脂のカレー、ミートソース、幼児用のお菓子、アルファ化米など。

・・とのことです。

この震災で米アレルギーの子どもたち、どうしているでしょうか?
本当に心配です。

また、アレルギー対応の食品には じゃが芋やトマト・とうもろこし(コーンスターチ)・玉ねぎ等がよく使われていてこれらのアレルギーを持つ人には辛い。 だけど、マルチアレルギーを持つ人は緊急時にどこを妥協するか(命に関わる食品と悪化はするけどマシなもの)悩ましいところです。

避難時にはストレスもあるし、環境面も悪いので普段よりも悪化しやすい事を考慮しつつ、、平時から食物負荷試験をして、どこで緊急時は線引きをするか考えておかなくてはいけません。



卵・乳・小麦・大豆・落花生・添加物不使用 おやつ

保育園って毎日おやつが出るんですねぇ(当たり前?)

煎餅とかケンピとか「保育園のおやつ」っぽくて良いって思うけど、たまにチョコケーキ等のケーキ系おやつも ちょいちょい出ます(^^;)

さつま芋がなかったので今日は米粉・てん菜糖・有機トランスファットフリーショートニング・カカオパウダーで作りました♪

choko 003.JPG


むくむく・・と膨らんで変わった形になりました(笑)

甘みを控えめにしたのでケーキの上にパラパラと乳化剤等不使用のチョコチップ、乗せときました♪



posted by とことこ at 09:25| 高知 ☁| Comment(0) | 焼き菓子 | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

食アレ娘、宿泊研修に参加するの巻

小学5年生と言えば・・6月に少年自然の家に一泊二日の合宿です。

とうとう来ました交渉の時期が

卵・乳・小麦・大豆(有機大豆は可。ただし環境が悪いので使用不可)・一部の魚介類・一部の野菜などなど(略!)にアレルギーがある娘の食事。

一部の魚介類と一口に言っても合う魚より、合わない魚の方を数えた方が多いけどそれはまぁ、良しとして・・(笑)

普段、給食も作っているので今回も「おかず冷凍パックで送って作戦」にしようかと思っていたら何となんと、先生がアレルギー対応できるか既に聞いてくれていて・・少年自然の家の担当栄養士さんが「アレルギー対応できますよ」・・神対応

先週、5学年の先生方が自然の家に下見に行かれて資料を作ってくれました。
※私も一緒に下見に行きたかったけれどヘルニアが完治せず長時間の乗車は無理なので見送り(^^;)

koushou 004.JPG

担任の先生、我が家の為にありがとうございます!!

ダニやハウスダストの強いアレルギーを持つ娘の為に食堂の椅子が布ではなく、ビニール製であることまでリサーチしてくれている事には驚きました(;;)

koushou 005.JPG

枕は蕎麦ガラではなく、プラスチック製のパイプのようなものであることや、絨毯・畳の有無まで書いてくれています。
感謝意外に言葉なし

さすが出来る先生は違うな・・

学校側に提出してあるアレルギー資料をそのまま栄養士さんにお渡ししたそうであまりのアレルゲンの多さに栄養士さんをビビらせてしまったのではないかと気を揉んでおります(--)

やっぱり対応できませんって断られそうな気もする。。

私が考えるに、マルチアレルギーの人がレストランやホテルに食事提供の交渉を始める時のコツは腰低めに(笑)「アレルギーは多いのですが対応できますか!?」から声かけして「対応できますよ^^」と反応もらってから、アレルゲンと「食べられる物一覧表」を同時に渡して『体に合わないものも多いけど、使える食材も多いのだな』という印象を持ってもらうと交渉がスムーズに行きやすい

1段階目の交渉が終わったら次に調味料などを持ち込み可能であることを伝えたり、お皿の洗浄・漂白などや
コンタミについて細かい話を進めていきます(^^)

やりとりは電話ではなく、FAXかメールですると文字として残るので互いに何度も抜かりなく見返せていいと思います。

さーて、断わりの連絡をもらうか、受け入れの連絡をもらうか・・1食・2食だけでも頼めると助かるな~。

posted by とことこ at 11:46| 高知 ☔| Comment(0) | 旅行・レストラン等の交渉 | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

アーモンド不使用の米粉スノーボール!?

卵・乳・小麦・大豆・ナッツ類・添加物不使用 おやつ

有機アーモンドを使ったスノーボールはたまに作るのですが、アーモンドが体に合わない下の子は食べられないので有機コーンフレークを砕いてアーモンドの代わりに使ってみました♪

分量のアーモンド分をそのままコーンフレーク(ミキサーで粉砕)に変えてみたところ見た目そっくり(笑)

こっちは有機アーモンドのノーマル・スノーボール⇒
パン1・30おやつ& 045.JPG

王道、王道


こっちはキャロット・スノーボール(アーモンド使用)⇒

スノーボールにんじん 015.JPG

意外にノーマルなスノーボールより、キャロット味が好きという方、続出。

そして、アーモンド不使用のスノーボール(スノーボールと言うのか不明^^;)

kinako 036.JPG


見た目は同じですね(^^)
食感はアーモンド使用は「ほろほろ~」と溶けていく感じで、コーンフレークは「ザクザクっ」に近いのかな!?

加糖の有機コーンフレークしかなくておいしかったけど、私には甘過ぎました(--) 
posted by とことこ at 09:16| 高知 ☀| Comment(0) | 焼き菓子 | 更新情報をチェックする

熊本地震・食物アレルギー対応炊き出し情報!4月26日



「熊本地震 食のバリアフリー支援プロジェクト」さんが食物アレルギー対応のカレーの炊き出しを行うそうです(^^)/


以下、食のバリアフリー支援プロジェクトさんのフェイスブック⇒

4/26(火)野菜たっぷりカレーの炊き出しします!】

4月26日(火)12時〜14時(なくなり次第終了)、熊本市東区健軍のNPO法人おーさぁにて、TAO塾とおーさぁの共同で、カレーの炊き出しを行います。TAO塾で油を一切使わず手焼きしたグルテンフリーのぽんせん(原料:全国から寄せられた無農薬玄米、天草の天日塩のみ。乳製品、卵、大豆、小麦粉不使用)も持っていきます。みなさんのお越しをお待ちしています!

余震が続き、不安な事も多くあると思いますが、こんなときこそ、皆で顔を合わせてご飯を食べて元気を出しましょう!

⭕️湯布院「風の原っぱ」の特製カレー
⭕️TAO塾の地元 小国町のお母さんたちによる特製おむすび
⭕️小国町「畑の会」ほうれんそうの胡麻和え
⭕️小国町岳の湯温泉の蒸気で蒸した「地獄蒸しさつま芋」

場所:NPO法人おーさぁ
(熊本県熊本市東区栄町2-15 県営健軍団地1F 電話096-214-0305)

当日、波多野毅、北里洋子、天野朋子ほか、小国のお母さんたちやボランティアスタッフ皆でかけつけます!



----------------------------------------------------------------------------

がまだせ!熊本!




そぎゃんこつ言うても、辛い時は無理しなはらんで よかつたい。




高知からも応援しとるばい!!





posted by とことこ at 09:08| 高知 ☀| Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

熊本地震で被災した食アレの方へ向けた情報⑧4月23日午前

食物アレルギーの方を支援する動きが加速しています。


ゼロワン八潮さんが4月27日夕方入りで28日.29日夜帰りで再度 「熊本アレルギーっ子支援プロジェクト」の活動をされるべく準備されています。

支援が必要な方は「とことこブログ」またはフェイスブック「徳田なおこ」まで早めに連絡をください

posted by とことこ at 10:53| 高知 | Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

熊本地震で被災した食アレの支援情報⑦4月22日午前

支援情報⇒(産経新聞4月22日午前8時)地震被害を受けた熊本市で、食物アレルギーのある子供らを支援しようと、有機栽培野菜や天然酵母パンなどの支援物資約3トンが21日、熊本市中央区の市立慶徳小学校へ届けられた。22日に3回に分けて被災者に配布する

 支援物資は、千葉市の農産物販売業の「大地を守る会」が準備した。熊本の経営者でつくるボランティア団体「熊本支援チーム」が受け入れ先を探していたところ、熊本市の有名レストラン「リストランテ・ミヤモト」のオーナーシェフ、宮本健真氏(40)が「野菜には命がある。新鮮なうちに被災者に届けなければ」と慶徳小を紹介した。

 同チームの津田美矩氏(28)は「東日本大震災の際には、食物アレルギーの子供が避難所で食べたものでショック症状を起こしたケースも報告されている。アレルギーのある子供たちに役立ててほしい。小学校近隣住民の迷惑にならないよう公共交通機関(市電「慶徳校前」)や徒歩で受け取りに来てほしい」と呼びかけている。

 配布は午前9時~10時半がアレルギーの子供がいる家族▽午前11時半~午後1時がその他の一般家庭▽午後2時からが炊き出し団体や飲食店を対象とする。

追記: 食物アレルギーがある被災者の子どもを支援しようと、国立病院機構熊本医療センター(熊本市中央区二の丸)は、アレルギーに対応した食料品を無料で配布している。小児科医によると、体調が弱っている場合は、アレルギー症状が強くなりやすいという。NPOも22日、同区の慶徳小で配布する。

 同センターは1階の総合受付横に、「食物アレルギー支援物資コーナー」を設置。小麦粉や卵、牛乳などを使わない米粉パンやライスクッキー、レトルトカレー、離乳食など約20種類を、アレルギーのある子どもたちに無料配布している。受け取りは午前8時から午後8時。物資は、日本小児アレルギー学会を通じて届いたという。

 小麦アレルギーの1歳男児の母親(38)=東区=は「アレルギー対応の離乳食がなく、困っていた。水が出ないので調理も難しい。県外で探そうと思っていただけに、ありがたい」と話していた。

 同センターの緒方美佳医師によると、牛乳1杯まで飲んでも大丈夫だった子どもが、体調が弱ると、半分の量でアレルギーが出たりするという。「避難所で配られるパンなどが食べられない子どももいる。避難所ごとにアレルギーの子どもを把握し、対応した食料品を届けてほしい」と強調する。

 一方、NPO法人「フリー・ザ・チルドレン・ジャパン」(東京)など関東圏の団体・企業は、アレルギー物質を含まない食品など10トントラック1台分を熊本に送った。

 支援物資は、卵を使わない天然酵母パンやアレルギー物質を除いた調味料とベビーフード、無農薬栽培の野菜など。ブルーシートや衛生用品もある。慶徳小では午前9時から、食物アレルギーのある子どもに優先配布。アレルギーに対応した食材を使った炊き出しも検討している。

 駐車場がないため、「フリー・ザ・チルドレン・ジャパン熊本」の津田美矩さん(28)は、コインパーキングなどの利用を呼び掛けている。(森本修代、楠本佳奈子)

アトピッ子地球の子ネットワークの赤城さんのフェイスブックです。

「今日は個人の居場所以外に保育園にも食品を届けました。届けた物は昨日と同じ。石井食品のミートボール、ハンバーグ、エルフィンの米粉乾パン、ハウス食品のLLヒートレスカレー。
来週から保育園を再開するために給食を支援するのが目的。もちろん食物アレルギーの子どもたちが複数いる。
ガスが止まり、水が茶色いまま飲める状態にならない。米粉の乾パンなら食物アレルギーの子どもたちだけでなく、他の子どもたち全員が食べることができる。エルフィンの米粉の乾パンはとてもおいしい。「でも子どもたちは乾パンのような硬いものを食べることができるのでしょうか」と、保育園の先生にお聞きすると、この園では以前から災害に備えて乾パンを食べる練習をしているので、固いものはたべることができるとのこと。保育園の先生は「全員分の米粉の乾パンをお届けします」とお伝えするときゃーっと歓声の声をあげた。全員で食物アレルギー対応の食品を食べることになった。

東日本大震災の時、やはり食物アレルギーの人のための食品を届けた場所が保育園を利用した避難所で、そこに身を寄せていた子どもたちにもアレルギー用のものをお渡しした。それしか食べるものがなかった。でも支援の最中にいくつかの団体から「アレルギー用のものをばらまいている」と批判された経験がある。
私たちは今回批判されることを恐れずに行動しようと思っている。食物アレルギーの子どもたちだけが食べ物を得ることができて、他の子に何はないという状況になった時は、他の子も一緒にアレルギーの人用のおいしい食べ物を食べてもらおうと思っている。

ご寄附くださった食品メーカーの皆さんにはきちんとそのことを報告しご理解をいただこうと思っています。

保育園の再開は、危険な家の中の片づけや、仕事の再開を支援するための、非常に重要な要素です。給食の再開は保育園再開のための必須条件になります。だからこそ私たちは、この選択をしました。」

・・とのことです。

以前、熊本地震が起こる前にアレルギーのある人の災害備蓄について少しだけ書いたことがあります。
http://toko2pan.seesaa.net/article/433096474.html
その投稿で予想していたことが今回の熊本地震で赤城さんにより実行されたことを知り、東日本大震災の教訓を生かした支援活動をされているのだと思いました。



※辻安全食品さんがアレルギーに対応した炊き出しを検討しているそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
熊本地震から一週間、実家のある大分も余震が続いて家族は落ち着かないようです。

高知は西側(宿毛方面)で揺れていますが土佐市では揺れていません。
でも、上の子はテレビをつけている時に地震テロップが流れると手を合わせて祈っています。。

怖くて夜、私の隣で寝るようになりました。

実際に被害にはあっていない小学5年生の娘でさえ、怖いという想いがあるのですから九州の子ども達の精神状態を想像すると・・。

昨日、グーグルのストリートビューで大学時代に住んでいた熊本市上熊本周辺の地震が起こる前の状態を見ました。

私が住んでいた大学の寮も映っていて・・懐かしさと、今はどうなっているのだろうという気持ちで切ないです。


あー、でもこの一週間、おやつをまともに作っていない自分に気付きました。
娘たちにも日常を送らせてあげないといけないなぁ・・と反省です。


娘と気分転換にアフロクッキーを焼きました(^^)

前回よりちょっと型抜きの仕方を改良しました。


kinako 031.JPG

どこが変わったかと言うと・・

kinako 032.JPG

顔の部分のクッキー生地を髪の毛部分のチョコクッキーより厚さを増して立体的に仕上げております!(笑)

分かりますか!? このビミョーな改良(^^)

娘たちの心をほぐしてくれるアフロクッキー、こんな時に役立つとは。。


ブログでは熊本地震での食アレ対応に関する情報・ニュースを引き続き載せていきます。
これから少しずつ炊き出し情報もあるかもしれません。



フェイスブックもしています⇒徳田なおこ
posted by とことこ at 09:26| 高知 ☁| Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

熊本地震で一時・広域避難を検討してみてください(アレルギー対応です)

化学物質過敏症(CS)患者にも対応する施設です。

以下、ロハスの郷さんのフェイスブックより



【被災者受入れ】
長崎県東彼杵町にあるロハスの郷で、熊本震災の被災者受入れをはじめるとのこと。全く同感、大賛成です!
被災者の中でも、特にアレルギーを持ってるとか、障がい者がいるとかは問題が深刻です。一時避難を考えてほしいです。ロハスには受皿があります。



★(以下、りょうすけさんコメント)

支援のあり方は、本当に色んなあり方があると思います。
僕は、それぞれに色んな思いがあるだろうけれど、ひとまず被災地から出る方が望ましい方々がいるという考えです。
全国から寄せられる支援も、公の機関や、大規模なボランティア組織になればなるほど、公平公正であることを意識しすぎる結果、たくさんある避難所に対して、ニーズとのミスマッチが多発したり、必要なタイミングでお金の受け取りができなかったり、神戸の震災から20年が過ぎ、その間震災と呼ばれる大きな地震が複数回あり、できるなら誰も経験したくないだろうこのような事態で、どのように振る舞えば良いのかというアイデアや知識も普及して来てはいます。
しかし、それは被災現場の方々にとってといいうよりも、震災と言う危機感を共有する多くの方々の心の傷みを解消するために機能していることも多いのではないでしょうか?
僕たちの間口では、被災された方みなさんにとって、公平で公正な支援はそもそもできないとあきらめました。
しかし、支援スタイルを限定することで、本当に確実な支援活動を、ロスや無理、無駄のないように、進めることができるのではないかと思ってます。
同じように、広域避難所として、個人宅でも被災者の受け入れは可能ですし、長崎は長崎でつながりを持って、しっかり支え合えればと考えてもいます。
しかし、例えば16世帯仮に親子あわせて30人を養うための食材や身の回り品の調達など、毎日毎日、凄い量の食事です。
自分たちの家族分も含めると、毎日150食の食材が必要になってきます。
離乳食の対応や、アレルギー対応などもあります。
避難所ではそれはままならない、アナフィラキシーの心配だってあるわけです。
僕たちはそういうことにも対応できますし、あすかちゃんは難病の息子を守っている看護士ですし、他にも様々な心強い人的つながりが僕たちにはあります。
そう考えると、これだけの居住スペースを抱えるわたしたちにできることは、本当に、価値のある物になるのではないかと思ってます。
東そのぎは余震の揺れはほとんど感じません。
交通も乱れてません、買い物も、まだまだ安定して行えます。

追記:<受け入れ対象者>
持ち家ではなく、賃貸で生活されていた方を優先に、震災でこれまで暮らしていた住居が倒壊し、今後、仮設住宅や近隣公営住宅やへの転居を考えるしかない以下の対象者を優先的に受け入たい。

◯妊産婦
◯乳幼児を抱える家族
◯アレルギーのある人
▲病障がい児を抱える家族
▲一人暮らしの女性

<受け入れ枠>
現在の空き居室数が16部屋ですので、まず16世帯の受け入れから始めさせていただきたいです。


ロハスの郷ブログ⇒http://blogs.yahoo.co.jp/lohas_no_sato

アレルギー対応とありますが、どこまで対応かは不明です。要問合せ・相談。

※もともと化学物質過敏症者も受け入れる施設です。
香水・洗濯洗剤・タバコなどは自主的に控えてください。
 byとことこ
posted by とことこ at 10:49| 高知 ☁| Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする

熊本地震で被災された食アレの方への情報⑥4月21日午前10時

支援情報⇒今から約17時間前に高知県宿毛在住の有志(個人)が集めた支援品の中に黒潮町が製造している7大アレルギー対応缶詰(カツオ使用)が入っています。
熊本県益城町に届けられるようです。



支援情報 追記:
辻安全食品さんへ連絡があったアレルギーの方への配送は無事完了したそうです。
第二段があるかは不明ですが、情報がありしだい追記します。

支援情報 追記2
「NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク」さんに助けを求めていたアレルギーの方へ荷物が届き始めています。(20件届けたそうです)
支援内容は

今日は、約20件の食物アレルギーの人の居場所に下記の食品を届けました。
1)野菜入りハンバーグブラウンソース 石井食品
2)プチミート 石井食品
3)米粉乾パン エルフィン
4)LLヒートレスカレー<温めずにおいしい野菜カレー>
 「食品表示法によるアレルゲン27品目は使用していません」
  ハウス食品
 
食物アレルギー対応食を配布している熊本医療センターにアレルギー対応食を届けようとしたら病院への支援品の荷物が多くてたくさんは置けなかったという記述を見かけました。

直接連絡支援をおすすめします。⇒
◆【熊本地震で被災したアレルギー患者の皆様】
困りごとがあれば直接下記までご連絡ください。
物資などを避難先や自宅まで直接届けています。
必ずフルネームと電話番号をお知らせください。
連絡先:NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
    tel.03-5948-7891 info@atopicco.org
    http://www.atopicco.org



地震が起きて1週間ということで食アレ対応の救援物資は徐々に届けられてはいますが必要としている全ての人へ届いている訳ではありません。

マルチアレルギー、特に米アレルギー・アレルギー対応ミルクを必要とする子ども達はどうしているのでしょう。
アレルギー対応とはいえ、少数派のアレルゲン持ちの人にとっては死活問題です。

行政の配布を待つのは時間がかかりそうです。また、どこに、何が配られるのか全くわかりません。
アレルギーに普段から寄り添う機関・企業に相談して直接、必要とする物資を届けてもらうのが一番早いのではないかと感じています。

アレルギー情報も時間とともに少なくなってきたと感じています。
ただし、食べることは生きること。食べるのを止める訳には行かないのですから継続的な支援(配給・炊き出し)が必要です。


それにこれから少しずつ炊き出しが始まると思いますが、アレルギーの人は個別に調理を認められるように望みます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テント・寝袋の貸し出しについて

アウトドア義援隊では、熊本地震で被災された方に無料でテントおよび寝袋の貸し出しを行っています。

問い合わせ電話番号:080-1517-2564
※貸し出しできる数に限りがあるため、ご予約には対応できません。
※モンベル南阿蘇店でのみ受け付けております。


登山家の野口ケンさんがテントで支援する活動をしていますコールマンのテント100張り確保し第一弾は今週の金曜日に総社市のトラックにより熊本県の増城町の避難所となっている広安小学校にテントを届けることになりました。

第二弾も考えているとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提案
※辻安全食品さんは東日本大震災でも、今回の熊本地震でもアレルギーの人達を助けるべく、行政より、どこの企業よりも早く決断し、動き始め、アレルギー対応食を必要としているところへ無償で届けています。

決して「儲かる企業」ではないこの分野の先駆者である辻安全食品さんが儲け度外視で「アレルギーの人を助けたい」という一心で動いているのだと感服しました。

熊本地震が落ち着いたら、今度はその辻安全食品さんを応援する購買運動をしませんか?

落ち着くまではまだしばらく掛かりそうだけれど、今回の辻さんの動きを見ていてそう思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子どもの心ケア情報⇒偶然にも「とことこ」という同じ名前の保育園で震災で精神的にも疲れている子ども達を対象に手遊び・リズム遊びの会を行うそうです。

日時 4/22金曜日
4/23土曜日
9:00 と 10:30 の2回開催

以下・とことこ保育園フェイスブックより⇒
未就園児さん対象ですが、どなたでもご参加下さい!自由にお越しください。
お母さんも気分転換にいかがですか?

可愛い子ども達の心もギリギリだと思います!
ひとときでも、親子で楽しい時間になってもらえるといいなーと、職員と考えてます^ - ^

場所 熊本市南区近見6丁目19-11
熊本市認可
小規模保育事業A型 とことこ保育園
096-288-3782

子ども達が、だーい好きな保育士が楽しい企画を考え、お待ちしてまーす!


----------------------------------------------------------------------------

③災害情報マップ(店の開店情報などが載っています)⇒https://www.google.org/crisismap/japan?hl=ja&llbox=34.156%2C31.824%2C133.248%2C129.128&t=ROADMAP&layers=70%2C71%2C1%2C7%2C8%2C9%2C14%2C42%2C43%2C44%2C45%2C46%2C47%2C48%2C49%2C51%2C52%2C53%2C54%2C55%2C56%2C57%2C58%2C59%2C60%2C61%2C62%2C63%2C64%2C65%2C66%2C67%2C68%2C6%2C29%2C1314427504921%2C31%2C32%3A62%2C12%2C13%2C3%2C15%2C16%2C17%2C18%2C19%2C20%2C4%2C5%2C10%2C11%2C21%2C22%2C23%2C24%2C25%2C28%2C33%2C34%2C35%2C36%2C37%2C38%2C39%2C40%2C41
posted by とことこ at 09:43| 高知 ☁| Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

熊本地震で被災された食アレの方への情報⑤4月20日午前10時~随時更新中~

熊本で被災されているアトピー&喘息患者さんへの情報です。
⇒【NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク】さんが被災者向けにアレルギー対応食品を送付。国立病院機構熊本医療センター小児科で無料配布中。
喘息の方に吸入器、アトピー性皮膚炎の方に石けん・肌着を指定送付先に無料送付。 申し込みは03-5948-7891(24時間)へ。

追記:第2便:食物アレルギーの人対応の食品(ハイエース一台分)を、それぞれどんなアレルギー対応か&事務所などの電話番号を段ボールにはりつけ、来週頭に東京の事務所から福岡経由で病院へ送ります。順次、アレルギーの赤ちゃん用粉ミルクも支援予定です。

※医療センターに送付された分の在庫がまだあるか不明です。病院に問い合わせをするのではなく、申し込み先に一度問い合わせてください。
避難先の環境で喘息発作が心配な方はすぐに連絡してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
辻安全食品さんのフェイスブックが更新されているのでお知らせします。
今の時点(4/20)で食アレ対応の食べ物が直接、辻さんに連絡してきた人達に届けられています。

すぐに食アレ対応の食べ物やミルクを必要としている方は「アトピッ子地球の子ネットワーク」さん、または「辻安全食品」さんに連絡した方が手に入るのが早いかもしれません。

19日付のニュースになりますが・・⇒明治は熊本県益城町にミルクアレルギーの子供にも使える商品を含む粉ミルクを送付した。

※明治なのでミルフィーだと思います。
こうやって情報を集めていると送付先に偏りが出過ぎだと思います。
市内の限定病院、もしくは益城町に集中していて もどかしいです。

--------------------------------------------------------------------------------

一時避難場所情報
天草市では、このたびの熊本地震によって被災された方々の受け入れ支援に取り組みます。

■支援の概要
 被災された熊本県内の方々に対し、生活の場(住居)を提供する被災者受入支援を行います。

■受け入れ施設 
 ・市営住宅   27戸
 ・教職員住宅 40戸

■受け入れ内容
 ①入居期間:6カ月間
 ②住宅使用料:免除
 ③入居要件:平成28年熊本地震の地震による被災者
 ④必要書類:「り災証明書」が必要(後日提出でも可)
※「り災証明書」とは、災害により被災した住宅の「被害の程度」を市町村が証明するものです。

■問い合わせ時間
 平日の午前8時30分から午後5時まで。

※詳しくは、下記の相談窓口にお問い合わせください。

問い合わせ先

熊本地震被災者相談窓口(地域政策課内)
電話:0969-23-1111(内線1325)
ファックス:0969-24-3501
メール メール 

※食アレ・ダニや埃などの環境アレ、アトピー・喘息などの患者は広域避難も検討してみてください。


※お知らせ※

~平成28年熊本地震に対する無償住宅提供について~
※シェアをおねがいします!



この度当社は、大分県内(特に大分市内)において当社が管理しております空室物件を短期的に無償提供致します!
大分県内で被災を受けた方のみならず、各県でお困りの方対象です。
詳しくは、下記記載の窓口までお問い合わせください。

■支援に関するお問い合わせ先
≪連絡先≫豊後企画集団グループ 本社
TEL:097-537-4975(9:00~18:00)
住所:大分市王子南町5-6
http://www.bunki.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
給水情報(4月20日)⇒中央区
1一新小学校 新町3-10-45 午前7時から午後9時まで
2黒髪小学校 黒髪2-2-1
3熊本市役所1F 手取本町1-1
4白川公園 草葉町5-1
5託麻原小学校 渡鹿2-3-1
6五福小学校 細工町2-25
7熊本市上下水道局 水前寺6-2-45
東区
8託麻西小学校 御領2丁目3−30 午前7時から午後9時まで
9長嶺小学校 長嶺南7-22-1
10日下部公民館 戸島1-15-48
11健軍水源地 水源1-1-1
12東区役所 東本町16-30
13託麻東小学校 戸島3-15-1
西区
14城西小学校 島崎3-12−60 午前7時から午後9時まで
15城西中学校 小島8-17-1
16花園小学校 花園6-9-15
17峠の茶屋公園 河内町岳5-4 午前8時から午後8時まで
18芳野コミュニティセンター 河内町野出1410
19熊本新港船着き場 新港1-1 午前8時から午後7時まで
南区
20舞原公民館 城南町舞原278 午前7時から午後9時まで
21城南中学校 八幡8-1-1
22下益城城南中学校 城南町宮地1020-1
23南区役所 富合町清藤405-3
24日吉小学校 近見1-9-30
北区
25龍田小学校 龍田7-7-1 午前7時から午後9時まで
26弓削小学校 龍田町弓削879-1
27武蔵中学校 武蔵ヶ丘4-19-1
28清水岩倉台地区 清水岩倉3-8-8
29陳内立田の杜第2公園 龍田陳内2
30武蔵小学校 武蔵ヶ丘3-15-1
31北部総合出張所 鹿子木町66
龍田西小学校から陳内立田の杜第2公園に変更)

活動時間  午前7時から午後9時まで
      ただし、熊本新港船着き場については、午前8時から午後7時まで
      峠の茶屋公園及び芳野コミュニティセンターについては、午前8時から午後8時まで
○応急給水時のお願い
水をお渡しする非常用袋が大変不足しております。応急給水を確実に受けるために水を入れる容器をご持参いただきますようお願いします。
posted by とことこ at 09:05| 高知 ☀| Comment(0) | 地震対策 | 更新情報をチェックする